週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ガンのくれ合い飛ばし合い -登山のお話-

今回も登山ネタになりますが…
その山岳で 『ガンのくれ合い飛ばし合い』 をするとは。。。 (^^ゞ

八ヶ岳にある阿弥陀岳の登頂まであと少しという所で事件は発生致しました。
ハイマツの中からゴゾゴゾっと音がして…
何!何がいるの?(゜o゜)
ぬぅ~っと 顔を出したのは…
f0177521_9182824.jpg
天然記念物のニホンカモシカ。
ニホンジカみたいに一目散で逃げると思ってたんですが…
肝が据わっているんでしょうか、そのまま立ち尽くしてます。
f0177521_943969.jpg
真横に移動しても動じる様子なく、ガンをつけ続けてます。

もう ちょっと上に移動して、背景に稜線(中央が硫黄岳)を入れてみた。
f0177521_9495010.jpg
目線を外す事なく、じぃ~っと見続けていて…

その後、ニホンカモシカの前を完全に横切って、後ろを振り返ると…
f0177521_109886.jpg
得体の知れない奴を追い払ったからでしょうか、悠悠自適に去っていきました。

しかし、突撃されなくて良かった。^^;
距離は2メートルくらいだったので、ドキドキしながらの睨み合いでした。

そんな勝負を見守ってくれていた ハイカーさんとワンちゃん。
f0177521_10262137.jpg
足止めさせて、すんませんでした。(^^ゞ



さて、夏休み後半は八ヶ岳で満喫してきました。
本来なら白馬で、朝日岳⇒雪倉岳⇒白馬岳⇒白馬大池の2泊3日 テン泊を狙ってたんですよね。
でも、槍ヶ岳のダメージが残ってるし…
現地の予報も微妙(雷雨に見舞われそう)なので。。。

また、八ヶ岳でやり残した事もあるんですよね。
昨年の秋にチャレンジした 『勝手に八ヶ岳』 で、踏んでいない 『岳』 があるんですよね。
なので、阿弥陀岳、天狗岳(東西の二つ)を 各々 日帰りでやっつけてきました。
ちなみに、北横岳はGWに踏破してました。(ブログにはアップしてませんが…(^^ゞ)
f0177521_12385214.jpg

そんで、まずは阿弥陀岳からの展望。
f0177521_11454435.jpg
右から赤岳、横岳、硫黄岳、その左に二つ並んだ山が 翌日にやっつけた天狗兄弟でしょうか。
天気は良かったんですが、この時期特有の薄い靄の影響がね。
なので、遠くの山までは見えなかった。。。

続いて赤岳からの展望。
f0177521_11532250.jpg
左が阿弥陀岳で、右の稜線は横岳や硫黄岳へ向かう道。
スッキリした天候なら、こないだ行った槍ヶ岳も見えるんですが…
空気が澄み始める 秋になったら、また来よう。

そんで、一旦 下山して翌日…
西天狗岳に登頂。
f0177521_12472417.jpg
左が東天狗岳、中央のこんもりした山が硫黄岳。
その後ろの尖った二つの山が、赤岳と阿弥陀岳。

そう言えば、昨年に八ヶ岳を縦走した時って、赤岳から東天狗岳まで4時間半かかったな。
よく歩いたもんだ。。。

続いて、東天狗岳。
f0177521_12553572.jpg
中央の山が西天狗岳。
右側の雲がなければ北横岳が見えるんですけどね。

その後、ニュウに立ち寄って展望を満喫。
の はずが…
f0177521_13125123.jpg
さっき登った天狗兄弟は見えたんですが、雲が増えてきたね。

白駒池あたりでパラパラと雨に降られましたが、下山するまで大崩れにならず大助かり。

下界に降りてからは容赦なく降られましたけどね。。。
諏訪湖の花火大会も開始30分で中止になったみたい。
見学に行った方々はお気の毒でした。


そんで、 『勝手に八ヶ岳』 の 『岳』 は、すべて埋める事ができました。
f0177521_13233183.jpg


次なるターゲットは、どこの 『岳』 にしようか…
現在、思案中です。
[PR]
by glory-dh | 2013-08-17 13:39 | 山登り

天空の槍先を踏破せよ! その2 -登山のお話-

星空を堪能して8時半に就寝しましたが…
日付がかわる頃に目が覚めちゃいました。
なので、水飲んだり、星空を眺めに行ったり。。。

東の空が白み始める頃 外に出て。
待ち続ける事、数十分。
f0177521_9342981.jpg
雲海の上にできたオレンジ色に染まった一筋の光から…
おはよう!
今日もイイ天気になりそうだね。

そんで、この光は 徐々に線から点へと移りかわります。
f0177521_9523922.jpg
なんか 暖かく感じるのは気のせいでしょうか。

その後、朝食を済ましたら槍ヶ岳のアタックです。
その前に…
f0177521_1013799.jpg
万が一って事もあるので、少女達にザイルを装着する隊長。
これで安心だね。(^^♪

さぁー頂点 目指して登り始めましょう。
f0177521_1085828.jpg
序盤は歩けますが…

徐々に傾斜がキツくなって…
f0177521_10125165.jpg
手足をふんだんに使ってよじ登ります。
三点確保を忘れないでねー!

頂上まで あと少し。
f0177521_10162817.jpg
下を見ると良からぬ事を想像しちゃうので、上しか見れません。^^;

そんで登頂。
f0177521_10425392.jpg
狭いので、祠の前での記念撮影も一列に並んで順番に。
風もなく、穏やかな槍の山頂でした。

ここでも隊長のガイドに耳を傾けます。
『孤高の人』を読んで存在を知った、北鎌尾根からの登り口を教えて貰ったり。
そう言えば、隊長の娘が甘納豆食ってたのは、この本の影響でしょうか。。。

遥か遠くにある山を刺して…
f0177521_1052141.jpg
更に、あそこの山は乗鞍岳だよ。
とか…

おっ!
f0177521_1121147.jpg
富士山だっ!
そんで、右側の尖がった山が甲斐駒ケ岳で、その右側にある突き出た山が北岳。
だと思う… (^^ゞ

なんて、気が付けば15分もここにいたんですよね。
でも、あっという間に時間が経過した様に感じたのは自分だけじゃないかも。
続々と登ってくる登山者がいるので、下山しなければ…
f0177521_114459.jpg
登りよりも慎重にね。

槍から無事に下山したら、名残惜しいんですが帰路へ。
準備を整えて山荘を出ると。
f0177521_14224962.jpg
うりゃ!
っと屋根上に布団を放り投げて布団干し。
貴重な青空ですからね。(^^♪

さぁ~!名残惜しいんですが、帰りましょう。
f0177521_14264859.jpg
槍ヶ岳を左に眺めながら下山コースは東鎌尾根です。
いわゆる、表銀座縦走コース(中房温泉から槍ヶ岳まで)です。
f0177521_14285348.jpg
殺生ヒュッテの左側にあるのが東鎌尾根。
水俣乗越まで下ったら左に折れて、前日のルートに合流します。

この尾根ってバリエーションに富んでいるので、けっこう楽しめるんですよね。
f0177521_14421274.jpg
ハシゴを降りて、ゴツゴツした岩の道を歩いていきます。

道幅が狭いですねー。
f0177521_14452127.jpg
本当に鎌の上を歩いているみたい。
強風が吹きつけている時は、歩きたくないかも。^^;

そんで、後ろを振り返れば…
f0177521_14475675.jpg
槍ヶ岳が見守ってくれてます。

ふと 左へ視線を移せば…
f0177521_14582156.jpg
天井沢の左側が大天井岳へ続いてる表銀座縦走コース。
いつかは完全制覇したいルートだな。

細い尾根道を歩いて、ハシゴで降りたり登ったりしながら標高を下げていきます。
f0177521_15202862.jpg
このハシゴは登るとたいした事ないんですが、見てると怖かも。

ハイマツ帯に突入。
f0177521_15353751.jpg

この辺の標高は2500Mくらいでしょうか。
正面の山が西岳ですが、手前のコル部が水俣乗越です。
この尾根とは、あと少しでお別れ。

後は、一気に標高を下げて大曲からは梓川沿いに下流へ歩くだけ。
長~い道のりなので、モチベーションが上がらないんですよね。
なので、途中のロッヂや山荘では高価なドリンク買って、グビっと飲んで気分転換。
f0177521_1552051.jpg
徳沢で買ったソフトクリームは400円でしたー。^^;

そんで、ここから1時間半かけて…
f0177521_1555836.jpg
河童橋。
到着は5時頃だったかな。
槍ヶ岳山荘から9時間かかりましたー。

東鎌尾根 経由だとタイムロスがあるんでしょうね。
この二日間、ご一緒させて頂いた皆さま。
f0177521_16124578.jpg
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。

次回の山行きは秋でしょうか。
楽しみにしてまーす。(^^♪
[PR]
by glory-dh | 2013-08-13 17:06 | 山登り

天空の槍先を踏破せよ! その1 -登山のお話-

去年から本格的な登山を始めて、初めて3,000Mを超える山頂を踏んだ自分。
こんなに早く ここに来れるとは思ってなかったんですよね。
f0177521_1213059.jpg
中央が槍ヶ岳山荘、右に延びているのが西鎌尾根、左側の雲に隠れているのが大喰岳でその先に穂高岳あるらしい。
この槍ヶ岳から眺める絶景は、この夏… いやいや一生の思い出になる事でしょう!(^^♪
一緒に行動した方々や天候にも恵まれて、最高の登山になりました。
そして、ガイドをして頂いた隊長、ありがとうございます。



さて、今回の山行きは XCエリートライダーの隊長を筆頭にMTB(XC)大好きメンバーがメインで、プラス中学生3名も含む総勢13名での大パーティで挑みました。
集合場所は上高地の玄関口、沢渡の駐車場。
「早朝に出発するので、前泊しましょう!」って事で駐車場に到着すると…
f0177521_1821649.jpg
寝床になるテントから映し出された、一気飲みのシルエット。
安全祈願のために、体を清めておかないとね。 (^^ゞ

翌朝、タクシーで上高地 入りして、7時頃に出発。
f0177521_13254387.jpg
前方に見える橋が有名な河童橋。
ここから槍ヶ岳山荘まで9時間かけて標高1,500Mを登るんですが…
まずは、梓川沿いに横尾山荘まで11㎞歩いて、標高100M程度 稼ぎます。

殆ど平坦な林道を黙々と歩くんですよね。
「MTBを持って来れば良かったね。」
なんて言っていた矢先…
f0177521_1336161.jpg
こんな物を発見。
^^;

その後、2時間半歩いて横尾山荘に到着。
f0177521_13544410.jpg
ハイカーで ごった返してます。
トップシーズンだからね。。。(;一_一)
ここは槍ヶ岳と穂高岳の分岐なので、この先は多少ハイカーが少なくなるかな。

ここから ようやく登山道になります。
f0177521_14292863.jpg
13人が一列に並ぶと先頭が見えません。
その後、梓川の魚影を見つけたり、隊長の山話を聞きながら樹林帯を坦々と歩いて行きます。

そんで、槍沢キャンプ地に到着。
f0177521_14515731.jpg
槍ヶ岳はこのまま沢沿いに登って行きます。
ちなみに、正面に見えるのが、槍ヶ岳へのアプローチに人気がある東鎌尾根。
我々は翌日の下山ルートで通るらしい。

そんで、森林限界まで登ると…
f0177521_1551197.jpg
涼すぃ~!(^^♪

ここで何やら雪をかき集めていた隊長。
「スーパーで買い物してきた!」みたいなノリで、雪でパンパンになったビニール袋を片手で持って そのまま山荘まで持って来ちゃいました。
当然ながら、ビールの保冷用として大活躍。!(^^)!
流石です。

その雪渓を過ぎても 目指している槍ヶ岳の姿が一向に見えません。
休憩時に、ふと振り返ると…
f0177521_15264525.jpg

この谷沿いに登ってきたんですよね。
ここまで6時間半経過。
まだまだ先は長いのです。(+_+)

その30分後。
おっ!槍ヶ岳の雄姿が…
f0177521_15471539.jpg
通過地点の殺生ヒュッテと、目指している槍ヶ岳山荘の姿も…
しかし、まだまだ 道のりは長いんですよね。(;一_一)

まだ着かないね~。
なんてへたり込んで、プチ休憩。
f0177521_1605835.jpg
ちなみに、後ろにある尾根が東鎌尾根で、その後ろが常念岳でしょうか。
こん時は目指す山荘を眺めながら歩いてたので、気にならなかったんですよね。

殺生ヒュッテまでもう少し。
頑張りましょう!
f0177521_1671821.jpg
そんな おっちゃん達を上から見舞ってくれてるのが 元気いっぱいの中学生。
ほら、山荘の手前で座っている子ですよ。
おっちゃん達は脱帽です。。。

そんで殺生ヒュッテから30分後…
f0177521_1620279.jpg
到着っ! !(^^)!
上高地から8時間かかりました。
先発組で到着の喜びと健闘を称えあって…

まずは、これでしょう!
f0177521_16255899.jpg
槍ヶ岳に乾杯っ!
明日、やっつけに行くから待ってろよっ!

ところで、槍ヶ岳のゴツゴツした岩肌を良く見てみると…
何かカラフルなものが。。。
f0177521_16381491.jpg
群がっていたのは、ハイカーの皆さま。
しかも、登りも下りも大渋滞中。
今の時期は 高速道路だけでなく、こんな場所でも渋滞するんですね。

天候が安定しているうちに展望を…
なんて気持ち、良く分かります。

そんで、山荘付近を見回してみると…
f0177521_16494419.jpg
なんか、チベットみたい。
岩と岩の隙間にテントを張るのって、風除けに適してるかもしれませんね。
裏側にあるテン場を覗いてみると…
f0177521_16532392.jpg
所狭しと張り巡らされたテント。
凄いですね。。。^^;

我々は寝床も食事もお金で解決するので、優雅な気分で周りを散策できます。

んで、気になる我々の寝床は…
f0177521_1712269.jpg

こんな感じ。
荷物を整理したら食事まで1時間半もあるので、お約束のイベントを開催。

イイ気分になった所で、ディナータイム。
f0177521_1785693.jpg
山小屋のご飯って初体験の自分。
なかなかイケますね。(^^♪
ちなみに、ポットの手前に置いてある謎のボトルは気にしないで下さい。
ポケットに入ってて、邪魔だったので出しただけですから。(^^ゞ

そして、食後は外に出て満天の星空を堪能。
薄っすらと見えた天の川に感動したり、太陽光に反射した人工衛星の動きなんかも見てたりして…
ボーっと眺めてたら消灯の八時半になっちゃったので、13名による雑魚寝タイムのスタート。
皆さん、ちゃんと寝れたんでしょうか?


後半へつづく。
[PR]
by glory-dh | 2013-08-13 08:53 | 山登り

一石二鳥 -ダウンヒルと山サイ-

富士見パノラマでのダウンヒル。
以前は土日の二日間を満喫できる体力と精神力があったんですが、最近は老いたのでしょうか。
一日走れば超お腹いっぱいになっている自分がいます。
って言うか、集中し過ぎると目の疲労が激しくて、数日間 後遺症が残っちゃうんですよね。

なので、最近は 程ほどにダウンヒルを楽しむ様にしてます。
そんで、土曜は8月のMARSHイベント。
f0177521_21452143.jpg
この日もJライダーからDH愛好家の方々まで富士見パノラマに大集合。

そんな中、自分はDHバイクだけではなく、セカンド バイクまで準備する念の入れよう。
f0177521_21505387.jpg
ちょっと、DHバイクのホイール(スポーク)に不安があったもので…
なんて、真の狙いは、ここの界隈にちょっと気になるトレイルがあるので、翌日の探索用に準備したですけどね。(^^ゞ

そして、ドキドキしながら1本下った結果。
f0177521_22161724.jpg
なんか、大丈夫じゃない。

ホッと一息いれた後、MARSH軍団でCコースを独占。
f0177521_22225269.jpg
ちなみに、真っ黒ジャージの受けはどうなんでしょうか。
何方か、お聞かせ下さいませ。^^;


なんて感じでダウンヒルを満喫した後は…
f0177521_20364176.jpg
ボリューム満点のディナーを食って、温泉入って就寝。

そんで、翌朝は4時に起床。
f0177521_2041838.jpg
数十分後には八ヶ岳の後ろから日が上がってくるんですよね。
このまま 眺めていたい気持ちを抑えて、トレイルのデポ地に向かって移動。

山サイの準備を整えて林道を登っている最中に…
f0177521_20504374.jpg
このオレンジ色の光って、ほんの数分しか見れないんですよね。
貴重な時間を堪能しながらの登坂。

更には…
f0177521_20554649.jpg
静寂な池でパシャリ。
早朝だったので、なんか神秘的だったかも。

その後、ズンズン登って行くと…
f0177521_21105728.jpg
只今、崩落中。
でも、そんなに危険じゃありませんが、なんか 王滝にある林道みたい。(^.^)

更に登り続けて、トレイルになったら容赦なくキツい登り坂が自分の前に立ちはだかります。
坦々と押し担ぎする事、デポ地から3時間半経過した後…

緩やかな傾斜の笹トレイルになれば 頂上はすぐそこ。
f0177521_21271376.jpg
とは言っても、ここから30分かかりましたが。。。^^;

そんで、頂上に着いたら…
f0177521_21374242.jpg
ダウンヒルに備えて、エナジードリンクを補給。
ここからデポ地までノンストップで1時間のダウンヒル。

快適な笹トレ コースがあり、バンクを使ったジェットコースター コースもあるのがここの特徴。
あまりにも快適すぎて、写真を撮る気になれなかった自分がいました。(^^ゞ


いやー、甲信エリアでも探せば 極上のトレイルがあるものです。
って事で ここのトレイル、自分はリピーターになっちゃうね。
絶対に…

次回 来るのは、いつになるのでしょうか。。。
たのしみ~! (^^♪
[PR]
by glory-dh | 2013-08-06 22:08 | 富士見パノラマ

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31