週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雑誌編集部との出会い。in 奥多摩

山頂でランチを終えた山サイご一行は和気藹々とトレイルを下り始めます。
一気に下ると勿体無いので、途中で休憩しながらのダウンヒル。
何やら若い女性達↓が下から登ってきて、軽くご挨拶。
f0177521_22275241.jpg

最近の山登りはシニア層だけでなく、若い女性にも注目されているみたいです。
カラフルなウェアを身に纏って、お洒落な方々

何時もは挨拶で終わるんですが…
今日のご一行はチョット違います。(^^♪
紅一点の山サイ女子に彼女達の視線が。。。
更に女性同士で意気投合…(^O^)

おじさんたちは少し離れた場所で話を聞いていると、彼女達は『ランドネ』と言う
女の子向けのアウトドア雑誌の編集部の方々みたい。

会話が一段落した所で、記念にパシャリ(^^)v と撮影して頂きました。
雑誌に載るかなぁ~ (^.^)
僅かな可能性に期待している自分です。。。(^^ゞ


今回は奥多摩湖北東に位置する尾根でネット仲間と山サイ。
参加者は8名で、久しぶりの大人数です。
奥多摩駅に集合して、まずは林道で標高 約800Mの登坂。
途中で鉄橋の下↓を潜ります。
f0177521_22325495.jpg

これは、石灰石を運搬するために作られた、トロッコ専用の曳索鉄道線。
今も使われているのでしょうか?
鉄橋の上にはトロッコが放置?されてました。

紅葉は終盤だと思ってましたが、下の方は まだ残って↓いる様です。
f0177521_22333764.jpg

所々で色付いた紅葉を楽しみながら、のんびりペダルを漕ぎます。


約2時間かけて林道のピークに到着。
ここから更にSTを登って行きます。

                    担いだり… ↓
f0177521_22343497.jpg


                    乗ったり… ↓
f0177521_22352137.jpg


目指すはK山の山頂。
しかし、山頂の間際でチェン切れのプチトラブルが発生!
でも、部品や工具を持っているので大丈夫。(^O^)
手際良く修理完了。
でも、こんなに集まらなくても↓良いのでは…
f0177521_2244018.jpg

トラブルに興味津々のおじさん達です。(^^ゞ

ランチと修理を終えたらお楽しみのダウンヒル。
距離は約7㎞もあります。(^^♪
等高線を見ると滑らかに下る尾根道ですが、途中に登り返しも
あったりします。

ここは防火帯でしょうか?
気持ち良く走れる↓トレイルです。
f0177521_2244318.jpg

ハイカーが少ないので安心して走るれました。


ご一行は一気に下らず、広い場所↓があったら必ず休憩。
f0177521_22445915.jpg

余韻に浸っているのか、疲れているのか分かりませんが、
無言で休憩する一時もあったりします。(^.^)


乗車率は高い尾根道ですが、押しながら下る↓場面もあります。
f0177521_22462557.jpg

斜度がある下り坂に落ち葉が積もっていると滑るんです。
路面とタイヤの間に枯葉が挟まって、まったくグリップしません。(-_-;)
当然、歩いても滑りますけどね…

尾根道の終盤はストーンセクション。
乗ったり押したりしながら、階段を下りたら↓終了。
f0177521_22453292.jpg

100M 程走ればJRの駅に到着。
今回は車組みと電車組みがいるので、電車組みはここから輪行ですが、
車組みは奥多摩駅に車をデポしたので、約6㎞の自走を強いられます。
デポ地に戻るためにロードを走るなんで、モチベーションが上りません。(;一_一)
なので、MTBは駅に置いて奥多摩駅まで電車で戻ります。(^^)v

電車組みとは、ここでお別れ↓です。
f0177521_22465754.jpg

皆さん、お疲れ様でした。(^^)/~~~
多分、電車の中で反省会でしょう。。。
車組みの自分はノンアルコールで帰宅。


今回のコースは林道で標高を稼げるのが魅力です。
トレイルでピークまで登るルートの押し担ぎは思ったより少ないし、ピークからの
1,000M下るダウンヒルは魅力です。
爽快に走れるSTエリアはヒャッホーの連続だし、根っ子&ストーンセクションも
慎重に下れば自己満足に浸れます。
ここはMyトレイルのリストに追加ですね。

今回、ご案内して頂いたI瀬さん、誠にありがとうございました。
思い出の1ページで、『ランドネ』編集者に撮影して頂いた写真が雑誌に掲載される事を
祈ってます。(^O^)
[PR]
by glory-dh | 2009-11-29 23:06 | MTBツーリング(西東京)

地元住民から…

山サイの楽しみの一つに、ランチは欠かせません。
初冬を迎えたこの時期からはバーナーでお湯を沸かして、
ラーメン or スープで体を温めます。
また、一緒にオニギリをモグモグ食べるのが定番。

今日のランチはお赤飯(右側)と煮物(左側)↓が飛び入り参加。
f0177521_15583455.jpg

実は、神社でお祭りをしていた地元住民からの差し入れなんです。
上から下ってきた方々に挨拶したら、その中のおばちゃんが我々の方に
来て、『食べて下さいねぇ~』と渡してくれました。
自分を含めた腹ペコ おじさん達はモリモリ食べて完食。
とても美味しかったです。(^^♪
ありがとうございました。m(__)m


今回の山サイは茨城在住のK宮さんに茨城県 北部に位置する高萩付近の
低山2箇所の案内をして頂きました。
まずは、「ふるさと自然公園」に車をデポして、ここで電車組と合流。
同じ車組のK竹さんも到着して、一緒にK宮さんとK野さんを待ちます。

合流したらK野さんの新車↓を見ながら しばらくMTB談話。
f0177521_1601681.jpg


じぃ~  (一_一) ……
羨ましいです。(^^)





今日は午後から天候が崩れる予報。
長い時間 喋っていると山サイの後半で雨に降られてしまうので、
早々に出発です。

舗装路を登り始めて、ダートに入ったあたりで雪が舞ってきました。
気温は4℃なので、真冬の寒さです。
登山口付近のモミジ↓も真っ赤に染まってました。
f0177521_15594647.jpg


登山口から30分程登れば黒前神社に到着。
殆ど階段なので、バイクは押し担ぎになります。
お腹も空いたので、途中の弁天池↓でランチタイム。
f0177521_1604755.jpg

お腹いっぱいになったら黒前神社へ向います。
途中にある『太刀割石』↓は見事に真っ二つ。
f0177521_1612050.jpg

見事な切断面ですよね。


黒前神社を過ぎて、展望台がある場所がピークです。
風景を満喫したら、ハイキングコースから外れて笹薮が覆い茂る
ジープロードを下ります。
棘がある木も混じった藪の中で悪戦苦闘↓したり…
f0177521_162451.jpg

落ち葉が敷き詰められた↓素敵な道を下ったり…
f0177521_16132165.jpg

でも、楽しい一時はすぐに終わってしまうんですよね。(^^ゞ


次の山へ向うため、ペダルを漕ぎ続けます。
林道を使って標高差200M を登ったらお楽しみの始まり!(^^♪

ご機嫌な下りを走ったり、崖に近い急坂でバイクを担ぎ降ろしたりしながら、
休憩したポイントで意外なものを発見。
捻くれた杉の木↓。
f0177521_1633311.jpg

トグロを巻きつつ、一生懸命 周りの木に同化しようとしてます。
彼にはどんな過去があったのでしょうか?
とても気になります。

トレイル終了後は紅葉を眺めながら↓車のデポ地へ向います。
f0177521_1641415.jpg

写真だと猛スピードに見えますが、撮影の技術なんですよ。(^^)v
(しかも、偶然にね…)

デポ地に到着したら、電車組とお別れです。
雨は覚悟していたのですが、降られず運が良かったかも。
電車組も無事に駅へ着いたみたいです。


今回の山サイは低山と言う事もあり、林道の登りでは和気藹々と
喋りながら走れたし、押し担ぎも短かったので、担ぎ名人のK宮さんに
先へ行かれても焦る事なく、マイペースで登れました。
あと、紅葉が身頃だったので、晴れていれば最高の山サイだったかも。
(チョット欲張りかな…)
今回 ご案内して頂いたK宮さん。
誠にありがとうございました。m(__)m


最後に、黒前神社付近のハイキングコースは車両進入禁止になりました。
数年前は大丈夫だったみたいですが…
何かあったのでしょうか?
我々はバイクの押し担ぎでハイキングコースを通ったので、お咎めは
ありませんでした。(^^)
[PR]
by glory-dh | 2009-11-22 23:20 | MTBツーリング(茨城)

奥多摩の闇トレイル

真っ暗のトレイル。
斜め下に見える集落の明かりを目指してトレイルを下ります。
ナイトトレイルのつもりはなかったのですが…
何故…(?_?)


今回は奥多摩湖で山サイ。
スタートは8:00で、下山は15:00の予定。
(遅くても16:00には帰着。)
新コースの開拓も企んでいたので、余裕を持ったプランのつもりでしたが… (・・;)

まずは紅葉↓を楽しみながら湖畔の周遊道路を峰谷橋まで走ります。
f0177521_15292163.jpg

天候は画像を見ての通りの快晴です。!(^^)!
少し肌寒かったのですが、走り始めれば汗が湧いてくる気温です。

周遊道路から林道に入って、標高950Mの登山口まで舗装路を登ります。
登山口付近ではお日様に照らされたモミジ↓が綺麗でした。
f0177521_1529499.jpg

ここから約1,700Mの山頂までSTで押し担ぎ。
いつもながら、午前中は過酷な行程です。(-_-;)
神社を過ぎて見晴らしが良い↓トレイル。
f0177521_15301930.jpg

落ち葉の上をサクサクと歩きます。
来月には霜柱の上をザクザク歩く事になるのかな。(^.^)


途中の非難小屋でランチにして、山頂へ向います。
既に紅葉は終わっていて、既に積雪↓が…
f0177521_1531173.jpg

次回訪れるのは来春になってからかな。


山頂への到着は13:00でした。
(ここまでは予定通り。(^^♪)
下りは2時間あれば大丈夫でしょう。
なので、余裕じゃん!(^^)v
(実は甘かった… )


山頂からは走り慣れたトレイルをのんびり下ります。
下り行程の半分まで来て、14:00です。
ここが新コースへの分岐。

尾根に沿った広い防火帯を水根方向へ下ります。
見通しが良くて走りやすい道です。
超気持ちが良いので、スピードの出し過ぎには注意が必要ですね。(^^ゞ

防火帯の途中にある案内標識↓は右折の指示ですが、真っ直ぐ下ります。
f0177521_15332717.jpg

ここから先は未知の世界。
正式な案内標識は無いので、地図を頼りに下ります。
目指す方向は境の集落。

途中に左へ下る綺麗な道がありますが、尾根から外れて沢まで下りそうな
感じだったので、行きませんでした。
尾根沿いに下って、マイクロウェーブの反射板があります。
更に下ると尾根から右へ下る薄い道があるので、急坂を下ります。
この時点で15:00でした。

本来は下山している時間ですが、少し下っては地図を見たり、怪しい道が
あればバイクを置いて調査に向ったので、かなり時間を費やしました。

薄い道も急坂を下れば 明確なSTになって楽しく下れます。
1041地点の左側を抜けて更に下ると、眼下に草原が出現。
下へ降りると、ここで道は無くなりました。(・・;)
えっ?
ここまで来たのにぃ~(ToT)

周囲を歩きながら見渡すと、草原の先に青い屋根の小屋を確認!
そこまで行けば道があるかも。(^^)
更に、小屋の方向から「ワンワン!」っと犬の鳴き声が…
おっ! これは民家がある気配。(^^♪
この時、15:50でした。

無造作にバイクを置いて徒歩で調査へ向います。
  (↑これが後で大変な事に…)
草原と言っても、背丈より高い木の枝に邪魔されるので、前に進むのも大変です。
棘がある木にも歓迎されました。
スキンシップ⇒ジャージがボロボロ… 
なので、気を付けなければ…

藪の中をガサガサと歩いていると、野生動物の防御柵を発見!(^^)v
柵沿いに民家の方へ行こうとすると、ワンちゃんが行く手を阻んでます。
しかも、チョットご立腹な様子…(・・;)
反対側から回ろうとすると、自分を追い越したワンちゃん↓は先回り。
f0177521_15321894.jpg

「オレに付いて来い!」っとワンちゃん。
なんか、道案内してくれてるみたい。
着いた場所は…
なんとワンちゃんの水飲み場でした。(^^ゞ

悪戦苦闘の末、民家の付近で下へ続く道を発見して一安心。
バイクの回収に向います。
がっ!
藪の中にポイッと無造作に置いたので、場所が分かりません。(ーー;)
仕方ないので、一旦 草原まで登ってバイクで下りてきた同じルートを通って
なんとか回収。(かかった時間は約20分… (-_-;))

気になる時間は、16:20です。
辺りも暗くなり始めてますので、急ぎつつも慎重にトレイルを下ります。

16:30頃には闇に包まれてバイクの乗車を断念。
境の集落からの灯りを頼りにバイクを押し続けます。
岩に躓いたり、段差でバランスを崩しそうになったりしながら、
初体験のナイトトレイル。
まったく楽しくありません…(ーー;)

暗闇のトレイルでバイクを押し続けて、17:20に境の集落へ到着。
今回は、反省だらけの山サイでした。(-_-;)

【教訓】
  ・新規開拓は日が長い時期に実施するべし。
  ・ライトとGPSは持参するべし。
  ・徒歩で調査する場合、バイクは判り易い場所に置くべし。
    (GPSでポイント登録を忘れずに…)


今回のコースは、民家から境の集落までのトレイルは走ってないので、
不完全燃焼かも。
来春に再チャレンジかな。(^.^)
また、このルートは奥多摩駅へ下るメインの尾根道と同じくらい距離があって
乗車率も高いです。
ハイカーの方々も少ないのでMTB向きかもしれませんね。
但し、民家 上部の草原は整備しないとバイクに乗れませんが… (^^ゞ
[PR]
by glory-dh | 2009-11-20 23:12 | MTBツーリング(西東京)

寒かった出張先のあったか鍋

現地に到着したら生憎の小雨。
しかも、気温は10℃しかありません。
翌日の朝一番からお客先へ出向くので、広島と同様で前泊です。

あまりにも寒かったので夕食は『鍋』に決定。
『鍋』と言っても鉄鍋↓です。
f0177521_21283711.jpg

具材は、青梗菜、ニラ、エノキ、豆腐で、メインは牛もつ。(^O^)
そうです。
もつ鍋です。(^^)v
今回の出張先は、博多ばい!(^!^)

事前に調べた有名店の『兆や』へ向って店外でメニューを見ると…、
「もつ鍋のご注文は二人前から~」との注意事項が。。。(ーー;)
店員に交渉(一人前で…)しましたが、見事に決裂。(T_T)

次のお店を携帯ネットで探して、『きの古家』を発見。
こちらのお店は、一人前でOKでした。(^^♪
更に、もつ鍋食べ放題&飲み放題のコースは3,800円/90分なんですって。!(^^)!

飲み食べ過ぎを控えてるおじさんは、一人前で十分。
まずは、生ビールと『特選牛すじポン酢』↓を注文します。
f0177521_2129675.jpg

牛すじとエリンギを炒めた料理で、見た目はコッテリしてますが、
実はさっぱりしてました。

もつ鍋は、天草産魚醤など醤油をブレンドした「黒味」と、韓国味噌でピリ辛
仕立ての「赤味」があります。
寒い夜は、ピリ辛でしょう!(^^♪
〆のラーメンも食べて体が暖まったし、お腹も満たされた夕食でした。(^^)v
[PR]
by glory-dh | 2009-11-16 23:24 | グルメ

紅葉の宮ヶ瀬湖

週末に関東を襲った嵐の影響で土曜まで悪天候。
日曜は好天になる予報なので、おいちゃんさん を誘ってロードで
紅葉が見ごろの宮ヶ瀬までツーリング。
久しぶりにアクア君の出番です。(^O^)

9時に待合わせをして、今日のルートは 宮ヶ瀬からヤビツ峠を越えて帰宅する
コースで、走行距離は約100㎞です。

先月に走った『三浦半島一周』と距離は同じですが、峠越えをする今回は
チョット キツイかも… ^_^;

まずは、宮ヶ瀬へ向ってペダルを漕ぎます。
嵐が過ぎ去った後なので、真っ青↓な空がとても綺麗でした。(^・^)
f0177521_2320149.jpg

小鮎川沿いにのんびりとペダルを漕いで標高を稼ぎます。
今日もポカポカ陽気なので、最高のサイクリング日和です。

清川村役場の手前にあるコンビニで休憩していると、MTBに乗った若者が
パラパラと駐車場に入ってきました。
皆さんのバイクには『ショップM』のステッカーが貼ってあったので、N大学の
サイクリング部なんでしょうか?
総勢24名の若者とおいちゃんさん↓をパシャリ!
f0177521_23214412.jpg

若者に圧倒されたおじさん達は早々に出発。(^^ゞ

キツイ登り坂を登って、息を整えながらしばらく走ると宮ヶ瀬湖に到着。
丁度 お昼の時間なので、湖畔園地でランチです。
水の郷商店街↓では入るお店を物色しながら、しばらく歩きます。
f0177521_23222168.jpg

蕎麦屋があったり…
猪鍋定食屋があったり…
レストランがあったり…
そこで、二人が選んだランチは、こちら↓です。
f0177521_23224673.jpg

松茸ご飯、コロッケ、トン汁の3品。(^^)v
総額で850円なり!(^.^)

綺麗な紅葉↓を眺めながら、美味しく食させて頂きました。(^O^)
f0177521_23231260.jpg


お腹いっぱいになったら、ヤビツ峠へ向ってペダルを漕ぎます。
約一時間半走って、峠手前の喫茶店(きまぐれ喫茶)↓で一休み。
f0177521_23233847.jpg

ここは、丹沢の美味しい水でコーヒーを入れてくれます。
手作りケーキとセット↓で注文。
f0177521_23241616.jpg

チョット早いおやつタイムでした。。。(^^)v


その後、ヤビツ峠を越えたら国道まで下るのみ。
しかし、MTBのディスクブレーキに慣れ親しんでいるので、ロードバイクの
ブレーキは効かなくて怖いんです。
レバーを握る感覚が違うし、ガツンと効いてくれないんです。
慣れるまではカメさん走行ですね。(ーー;)

国道からは交通量が多い道をひたすら走りながらの帰宅。


今回のツーリングでは下り坂に課題が残りました。
ブレーキ関係のセッティング&チューニングが必要ですね。(・・;)
帰りに寄ったショップMでは、店長、メカさん、おいちゃんさん から色々とアドバイスを
頂いたので、徐々にブレーキを強化していこうかな。。。
[PR]
by glory-dh | 2009-11-15 23:08 | ロードバイク

広島へ…

今回は広島で仕事じゃけん!(^!^)
っと言う訳で出張なんですが、いつも通りグルメ ネタになりました。(^^ゞ

翌日の朝一番はお客先でプレゼンなので、前日に広島へINしました。
夕方にホテルにチェックインしてディナーを取りに外出。
目指すはお好み焼き屋さん。
通り道の『平和大通り』に来るとイルミネーション↓が綺麗でした。
f0177521_1183448.jpg

既にクリスマスの準備は万端ですね。(^O^)

船が↓あったり…
f0177521_1192013.jpg

機関車↓があったり…
f0177521_1195237.jpg

かぼちゃの馬車↓があったり…
f0177521_11101823.jpg

まるでディズニーのエレクトリカルパレードの様です。
クリスマスが終わるまで皆さんの心を和ませてくれるですね。(^.^)

お腹が空いたので、足早でお目当てのお好み焼き屋さん『貴家』へ向います。
まずは広島の隠れ名物。
子鰯(子鰯とにんにくのオリーブオイル焼き)を↓ツマミに、まずはビール。
f0177521_1111016.jpg

鰯独特の臭みはニンニクとオリーブオイルで消してくれてます。
美味しく完食させて頂きました。
その後、お約束のお好み焼き(写真は撮り忘れ… (^^ゞ)を食べて大満足でホテルへ帰着。

翌日はお客先まで路面電車↓で向います。
f0177521_11152651.jpg

通勤ラッシュの中、優雅に走っている路面電車。
関東では見れない光景ですよね。


数件のお客先を回って、仕事が終わったのは夜7時過ぎ。
ラストのお客は尾道だったので、今日のディナーは尾道ラーメンです。
新尾道駅付近の『東珍康』に入って、まずは おでん&生ビール。
落ち着いてからラーメン↓を注文。
f0177521_111552100.jpg

一言で表現すると、背脂がたっぷり入った醤油ラーメンです。
天カスが入っているのかと思ったら、それは背脂でした。(^.^)

お腹も満たされて、大満足の広島出張でした。
ってメインの仕事も好評でしたよ。。。
たぶん… (^^ゞ
[PR]
by glory-dh | 2009-11-10 23:51 | グルメ

藤野のトレイル(G峠) その2

11月のショップHVのツーリングは藤野のG峠です。
ここは『今年の4月』にも行った場所。

いつもの駐車場に車をデポして舗装路を一時間かけてG峠のピークまで
登り始め↓ます。
f0177521_1015071.jpg

山並みは徐々に紅葉モード。
道脇のイチョウの木↓も鮮やかに色付いてました。
f0177521_10152026.jpg

新緑の春に来た時と比べると、一変した風景を楽しむ事が出来ました。

ピークに到着して休憩する↓皆さん。
f0177521_10154239.jpg

滅多に車が来ないので、車道の真ん中に座っても大丈夫なんです。
先月の『ヤビツ』では蛭の餌食になった方がいたので、警戒して土の上に
座る人が少なかったのかも。(^・^)

全員がピークに到着したらST↓で登り始めます。
f0177521_1016839.jpg

その後はアップダウンの連続。
ここのコースは硬い路面でスリッピーなんですが、秋から冬にかけては
落ち葉で路面が見えません。
油断してるとすぐにタイヤがスリップしますので、注意が必要ですね。(・・;)

最後の休憩ポイント↓で一休み。
f0177521_10165044.jpg

送電線鉄塔の周辺って、草が刈ってあるし日当たりも良好。
風が当たらなければ、絶好のランチポイントになりますね。(^.^)

鉄塔から10分程度下れば林道に合流。
デポ地まで戻って今日のツーリングは終了です。

ちなみに、G峠からのSTはMTB仲間が熊を発見したとの証言があります。(・・;)
遭遇と言う訳ではなく、遠くに熊の姿を発見したので被害にまで至りませんでしたが、
単独行動では注意が必要ですね。^_^;
[PR]
by glory-dh | 2009-11-08 23:36 | MTBツーリング(山梨)

ポカポカ陽気の江の島

11月なのにポカポカ陽気。
来週あたりから寒くなるので、愛車を洗車するチャンスなんです。
そこで、午前中はFSR君とGlory君の洗車をしてピカピカに…

午後からは『ATX970君』↓で江の島までポタリング。
f0177521_1013476.jpg

休日は山サイに没頭しているので、ATX970君は久しぶりの出動です。

のんびりライドのつもりでしたが、登り坂になるとモリモリペダルを
漕いでしまうんですよね。(^^ゞ
おかげで、江の島に着いた時には大汗を掻いてました。

帰りは境川CRで北上。
程好く疲れたポタリングでした。(^^ゞ
[PR]
by glory-dh | 2009-11-07 23:11 | MTBツーリング(神奈川)

初めての雪中ライド

大寒波が日本列島を襲って木枯らしが吹き荒れた翌日に群馬のA山に行ってきました。
ここは『09-08-08』にも行きましたが、季節が変わると印象も違います。

今回は、仕事のパートナーで群馬の高崎在中のSさんが案内人です。
ヴォクスィ~で高崎まで移動して、Sさんと合流したらA山へ向いますが、
雪の覚悟が出来ていたので、楽チン ルートをチョイスします。

中腹に車1台ををデポして、もう1台にバイクを積んでA山を登って行きます。
徐々に積雪が増えてきて、上部のデポ地↓ではこんな感じ。
f0177521_2233396.jpg

気温は0℃ですが、晴れ間が見えているので大丈夫でしょう。(^^)v
準備を整えたら出発です。
まずは林道↓を登って行きます。
f0177521_224112.jpg

雪の上に乗るとサクサクと音がして、ワクワクするのは温暖エリアに住んでいる
自分だけでしょうか。
年に一回くらいしか雪が積もらない地域に住んでいるので、ご理解下さい。(^^ゞ

トレイルはこんな感じ↓です。
f0177521_2242847.jpg

少し下ったら登り返しがあって、ピークまでバイクを押し続けます。
登りと言っても、いつもとチョット違います。
タイヤにはダンゴ状にくっついた雪が悪さをしてズルズル引きずる感じ。
たいした登りでもないのに、担ぎを強いられます。(・・;)
ピークに到着して雪まみれのFSR君↓をパシャリ。
f0177521_2245374.jpg

ここから楽しいDHのスタートです。
のはずなんですが、雪上ってタイヤがまったくグリップしないんです。
いつもの調子で走っていたら、コーナでフロントタイヤが踏ん張れずに
ズルズル状態。
しかも、靴のクリートに雪が詰ってビンディングがハマらないし…

でも、転倒しても痛くないのが雪上ライドなんですよね。(^^ゞ

トレイルも中腹まで下ると雪もなくなり、ウエットなトレイルになります。
そう言えば、A山と言えば有名な掩壕?へ行かなければなりません。
ここです。↓
f0177521_2252015.jpg

元々はトレイルだったと思いますが、この部分だけ溝が掘れているんです。
たぶん、文明の利器で無謀な走りをした結果でしょう。(ーー;)

常設コースと違って、壊れたトレイルって誰も修復してくれないんです。
一時の楽しさを満足するために厳しい走りをすれば、すべてのトレイルは
こんな状態になってしまうんですよね。(;一_一)
壊れたら、次のトレイルで楽しもうなんて虫が好い話。
反省しなければいけませんね。(-_-)


トレイルを満喫した後は、榛名山↓が見えるキャベツ畑でチョット休憩。
f0177521_226013.jpg

とても綺麗でした。(^O^)
しばらくは眺めが良い農道を走りながらデポ地へ。

今回のルートはショートコースだったので、次回はロングを案内して貰おうかな。
実はSさん、雪中ライドが初体験だったみたい。(^.^)
普段、こんな日は走らないんですが、今回は自分のわがままに付き合って頂きました。

Sさん、ありがとうございました。m(__)m
[PR]
by glory-dh | 2009-11-03 23:00 | MTBツーリング(群馬)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30