週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

奥多摩湖で一人修行(番外編)

先日あった三連休の最終日は天候が崩れる予報で中止になりましたが、今日はその時に

行く予定だったG前山をチャレンジです。(^^)v
f0177521_21441141.jpg

まずは林道を登っていきますが、途中で遭遇した『神戸(カノト)岩』↑の大きさには圧巻です。

両脇の高さは100Mあるらしいです。(・o・)

ここまでは車でも来れますが、この先は遮断されてますので対向車を気にせず登る事ができます。

約一時間登った道脇に『赤井澤神社(実際には阿伽井澤神社)』の道標を発見。

チョット疲れていたので、安全祈願を理由に小休止。(^^ゞ
f0177521_21445819.jpg

神社↑は林道から数十メートル奥に入った所にあります。

当然、無人の神社なのでかなり小さいのですが、お供えもあるので定期的にお参りに

来ている方がいるみたいです。


ここまでで半分登ってきました。

って事はあと一時間登るって事(?_?)

まぁ~時間もたっぷりあるし、気長に頑張りましょう。^_^;

一人山サイはマイペースで走れるので、気が楽なんです。
f0177521_21465592.jpg

頑張った結果、林道のピーク↑まで登りきりました。

地図を見てみると、ここから2㎞先にG前山が待ち構えているみたいです。

しかも登り基調のトレイルなのでバイクの押し担ぎ?

先日のT巣山と同じパターンでなければよいのですが…^_^;

実際は辛い登りでしたが、プチDHもあったりして楽しみながらクリア。
f0177521_21473758.jpg

G前山 頂上の手前から分岐↑があり、湯久保尾根方向へ向います。

しばらくは薄っすら残っている雪を踏みながら下りを楽しみます。

お楽しみのDHは、6㎞走って標高差1000Mを下ります。
f0177521_21494145.jpg

半分くらいまで下ってくると展望が良いポイントがあり、三連休で走ったS間嶺の山並↑がみが見えます。

隣山なので時間と体力に余裕があればチャレンジする事も出来ますが…

もう少し日が長くなってから検討してみます。^_^;
f0177521_21482387.jpg

DHの終盤はお約束のストーンセクション↑が待ち構えてます。

なかなりガレているセクションなので、走り切るのは至難の業です。

一ヶ所 岩に引っ掛かって足を着いてしまいましたが、次回はクリアしたいですね。

約一時間下って舗装路に出ましたが、休憩なしで下り続けていたので腕や太股はパンパン。

走っている時は気付かなかったのですが、緊張してると分からないものなんですね。

奥多摩エリアは早朝であれば自宅から2時間で来れるし、コースも多岐にわたりあるので

飽きないかもしれません。

近場の同じコースを何回も走ってスピードの限界を追求する楽しさも捨てがたいのですが、

スピードを抑えながら不慣れなコースを走って、予期せぬ障害物をクリヤーするのも

楽しいものです。

次回も新コースを開拓してみようと思います。(^^♪
[PR]
by glory-dh | 2009-03-28 21:43 | MTBツーリング(西東京)

A峠からのDHコース

3月末で今年度の仕事も終了ですが、休暇を取っていないと労働組合から指摘を受けるので、

今日は会社を休んでショップMの常連さんと近場のトレイルでDHを満喫。(^.^)

っといっても日本を代表するDHエリートライダー筆頭に凄腕レベルの方々とのトレイルです。

ショップMの店長もいて良かった。(^^ゞ
f0177521_22335976.jpg

終着地点に数台の車をデポして、2台の車で 8台/8人をスタート地点↑まで登っていきますが、

これはDHライダーにしてみれば常識で、自分みたいにみたいにペダルを漕いで登坂を頑張ったり

トレイルで数時間の押し担ぎはありえない様です。(当たり前かも…)

スタート地点から走り始めると、まずはトラバースのトレイルが続き、一部崩れて道が無くなる

場所もあります。
f0177521_22343142.jpg

しかぁ~し! 信じられない事に、ショートカットのジャンプ↑をしたライダーが… (・o・)

JCFダウンヒル・ランキング上位のN選手です。  

トレイルの下りで後ろを走りましたが、3コーナ過ぎると姿が見えません。

シーズン前の大切な時期なので、かなりセーブした走りなんですが…^_^;

6㎞を2時間かけて下ってきましたが、M田さんが整備して頂いたおかげでとても走り易い

DHコースでした。

M田さん、ありがとうございました。m(__)m
[PR]
by glory-dh | 2009-03-24 22:32 | MTBツーリング(神奈川)

奥多摩湖で一人修行

今回の休日は3連休です。(^^♪

22日(月)にネット仲間と奥多摩湖周辺で山サイをする予定なんですが、

前半の二日間が勿体無いので金曜日から奥多摩湖入り。


初日はハイカーにも人気があるS間嶺に決定。
f0177521_1915323.jpg

ここは古甲州道として有名な『むかし道』で、所々にお地蔵さん↑がハイカー(MTBライダーも?)の

安全を見守ってくれてます。

気が付いたら手を合わせて安全祈願をしましょう。(^.^)

S間嶺までの登りは交通量が少ない林道を選択。

途中で雨が降ってきて1時間くらい雨宿りをしましたが、3時間後には奥多摩周遊道路に

出ました。

f0177521_19162490.jpg

多少移動したパーキングがS間嶺へのスタート地点↑になります。

ここからは尾根道で下り基調のトレイルですが、多少の登り返しもあります。

でも、緩やかなトレイルで距離も約9㎞あるのでMTBライダーにはお気に入りのコースみたいです。

今日の午前中が天気が崩れる予報だったのでハイカーはまったくいませんでしたが、

トレイルの状態がマッドコンディションでなければ良いのですが…

走ってみると以外にも土が締まって良い感じでした。

f0177521_1917567.jpg

トレイルの終盤はストーンセクション↑が待ち受けてます。

濡れた岩は滑るのでビビリながら下りましたが、以外にグリップしてくれたのは予想外だったかも。

車のデポ地へ着いた時にはお天道様に見守られてました。

f0177521_19174320.jpg

無事に下ってきた後は近場の温泉で汗を流して、ヴォクスィ~で車中泊↑です。

二段ベットの下段にはMTBを置いて、フラットにした上段に寝袋を広げて準備完了。

車内でテレビを見ながら一人反省会をして、眠くなったら後部のベットで爆睡。

なかなか寝心地が良いんですよ。


二日目は1,700M 級のT巣山に挑戦。

頂上までの標高差は1,200M もあるので、ハイカーも気合をいれて登頂する山なんですが、

MTBを持っていくなんて理解して貰えないかもしれませんね。

林道は1時間かけてペダルを漕ぎ、トレイルでは2時間の押し担ぎを強いられました。

これには流石に参りました。

パートナーがいれば励ましながら(グチを言いながら)登って気が付くとピークを上りきってますが、

一人だと心が折れそうになります。
f0177521_19232971.jpg

でも、何とか山頂付近の非難小屋↑まで上り、ランチにしました。

標高は1,600M 弱なので、気温も極端に低く残雪も確認できました。

いつもは『カップラーメン&オニギリ×2個』を食べてますが、今日は低カロリーの『スープ春雨&

オニギリ×2個』です。

禁煙してから約9ヶ月経過しましたが、お腹回りに栄養が付いてきたので、その対策です。

どれだけの効果が期待できるか分かりませんが、とりあえず始めてみました。

f0177521_19242140.jpg

お腹も満たした後 激坂↑を上りきりT巣山の山頂に到着。

ここからお楽しみの下りです。

標高差は1,100Mを2時間半かけて一気に下ります。

距離は8.3kmありますので、走り応えがあります。(^^)v

f0177521_1925188.jpg

走り始めはこんな感じのトレイル↑ですが、それ以外の写真はありません。

頂上に着いたのが14:00だったので、慌てて下ったおかげで撮影する時間がありませんでした。

めっちゃ楽しいDHトレイルなので、登りの辛さを忘れた頃にまた行きたいですね。

車に戻って一人反省会するためのアルコール等 買出しの時、ネット仲間から携帯メールが

入ってきて明日は中止の連絡。

明日はお昼過ぎから天候が悪化するとの事。

残念ですが、無理して決行しても事故の確率が高くなりますので、中止は当然の決断ですね。


なので、一人反省会も中止にして、大人しく帰宅してきました。
[PR]
by glory-dh | 2009-03-22 19:13 | MTBツーリング(西東京)

さかがわMTBパーク

今日はショップMの企画で『高峯DHコース』と同時に営業している『さかがわMTBパーク』へ

行っていました。

総勢10人くらい参加して、半分の方はスキルアップのためにスクールで受講してイントラの

スーさんから知識と技術を伝授して頂いたみたいです。


スクールを受講していない方は思いっきりDHコースを満喫するつもりでしたが結果は?

多種多様な思いがあったみたいですが…
f0177521_19111988.jpg

搬送車待ちで まったりしている姿↑を『パシャリ』。

穏やかでポカポカ陽気だったので、待ち時間も苦になりませんでした。


今回、一番楽しみにしていたのはA嬢だったかも。
f0177521_19114669.jpg

バレットのDHバイクを入手して、気持ち良く走って↑ました。!(^^)!

4月後半にはパノラマで思いっきり走りましょう!(^^)v
[PR]
by glory-dh | 2009-03-15 23:07 | 高峰DHコース

『赤い酔星』号のドレスアップ

バイクのパーツを交換する目的は軽量化がメインですが、ドレスアップの拘りも大切です。

軽量パーツは高額なのでなかなか購入できませんが、ドレスアップパーツは数千円とお手軽に

入手できます。

今日は、会社帰りに横浜『myX』で衝動買いしてしまいました。

f0177521_8385343.jpg

アルミプーリーとクイックリリース↑です。

アルミプーリーはベアリング内蔵なので多少のフリクション低減が計れるかもしれません。

クイックリリースはレバーを締める時に『カチッ』っとロックする感覚があるので締付け時に

安心です。


早速、『赤い酔星』号(今日から命名)に取付けてみました。
f0177521_8393114.jpg

アルミプーリー↑です。

鮮やかな赤色はいつまで保てるのでしょうか。

こまめにチェーン清掃しないと真っ黒になってしまうかもしれません。

f0177521_840171.jpg

クイックリリース↑はマッチングしてますねぇ~(自画自賛?)

次はどのパーツを赤色にするかを考えている今日この頃です。(^.^)
[PR]
by glory-dh | 2009-03-13 22:35 | 話題

西上州のとれとれコース(富岡)

ネット仲間のK宮さんから群馬で開催された『とれとればいく』の上州サファリラリーを

もう一度走りたいとの連絡を頂き、群馬在住でコース開発者であるS山さんやS田さんに

案内して貰いました。

K宮さんは去年のラリーに参加しましたが、ハードなコースのおかげで疲労困憊の状態で走破

したようです。

今回はコース開発者にガイドもして貰いながら同じコースを走る予定です。

f0177521_20142090.jpg

まずは、富岡市内のある場所↑に集合して出発の準備をします。

出発して甘楽町方向へバイクを走らせます。

しばらくは舗装路で登っていきますが、途中から林道へ入って標高を稼ぎます。

最後のひと登りはお約束のバイク担ぎになります。

f0177521_2018682.jpg

自分のバイクはフレームに肩が入らないので、サドルを肩に引っ掛けて↑担いでます。

このチームと行くトレイルの登りには、必ずオプションで担ぎが組み込まれています。

バイクを担いだ事がなかった当初は担ぎ方が分からずに四苦八苦していましたが、今では

ベテランの域に達しているかもしれません。(^^)v

でも、次に買うバイクは、軽くて、担ぎやすいフレームで、フルサスで…

なんて都合が良いバイクはないかもしれませんね。(^.^)


かなり標高を稼いで見晴らしが良い場所で一休みします。

たぶん、峰峠あたりかな。
f0177521_2019752.jpg

指を刺している方向が違いますが、遠くに見える白い固まり↑は雲ではなく、雪化粧した

浅間山です。

先日 噴火したようですが、噴煙は確認出来ませんでした。


冬のトレイルは見通しが良く、明るいので走っていて楽しいです。
f0177521_21202031.jpg

なんてトレイルを満喫していると、いきなり木々が薙倒されている場所↑に出ました。

我々はバイクのペダルを漕いだり、押したり、担いだりしながら苦労して登ってきたのですが、

峰峠の西側あたりに重機で作りたての林道が近くにあった様です。

木々を伐採している様なので、林業の方々なのでしょうか。

自分の天敵でもある花粉の原因を作っている杉の木をバッサリ切っているみたいです。(^.^)

f0177521_20265977.jpg

昼食を済ました一行↑は最後の目的地である梅ノ木入までペダルを漕ぎます。

梅ノ木入から宮城へ抜けるDHコースは1.6Kmとチョット短めですが、道幅も広くとても走り易い

トレイルでした。


西上州のトレイルは房総と同様にハイカーがいないし、多種多様なトレイルがたくさんある

みたいです。

また、H・Pで掲載されている『山サイ○○帳』はピンポイントで峠の情報を紹介しているので、

チャレンジする前にチェックしておくと便利ですね。
[PR]
by glory-dh | 2009-03-07 21:24 | MTBツーリング(群馬)

花粉との戦い

この時期はトレイルを走るのに最適です。(^.^)

邪魔な藪もないし、木々には葉っぱが着いていないので、明るく見通しが良い道に変身します。

しかし、気がかりなのは天敵である花粉の攻撃です。

面白い事に原生林を走っている時には気にならないのですが、植林された杉林に入った

瞬間にクシャミが連発して鼻水が溢れてきます。(ToT)

私生活をする上では薬を飲んで症状が緩和するのですが、山の花粉には効果がないみたいです。


今日は津久井のM峠で一日で満喫するつもりで行ってきました。

現地では朝8時にスタートしたので、多数あるコースをすべて走破する事が出来るかも。
f0177521_207182.jpg

余裕があったので、梅林で記念撮影↑なんかしちゃいました。

しかぁ~し! 効果はお昼まで… 

目はショボショボするし、鼻からはサラサラした液体が溢れてくるし、

こんな状態でトレイル満喫なんてありえません。

集中力も散漫になっているので、怪我でもしたら大変です。

っと言う訳で、早々に退散してきました。 (ToT)/~~~

恐るべし!山の花粉。(-_-;)
[PR]
by glory-dh | 2009-03-01 20:02 | MTBツーリング(神奈川)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31