週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:MTBツーリング(山梨)( 26 )

気になっていたルート

昨日は梅雨時には珍しく超快晴。
こんな貴重な日は、山へ行っとかないとね。
って言う訳で、以前から気になっていたルートの下見も兼ねて
山梨のGG山へ…
ここって、ランチ時にMさんに突撃された山なんです。(^^ゞ

ちなみに この山は、東西に尾根道が伸びているんです。
f0177521_13594545.jpg

こないだは東尾根を下ったので、今回は西尾根へ。
そして、今の時期は日が長いので、寄り道なんかも できちゃったりするんです。
なので、気になっていたNH峠までのルートを探索してきちゃいました。(^^♪

往復3時間かけて…^^;

実はこのルート、MTBで走れると とても都合が良いんです。
っと言うのも、NH峠の遥か西に位置するDBS峠からのルートに繋げられるんです。
DBS峠⇒UNN通り⇒MH峠⇒NRK山⇒NH峠⇒K峰って具合に…
いつもは NH峠からトレイルで集落に下って終了なんですよね。

なぜ 今までK峰まで冒険しなかったと言うと、難航セクションが待ち構えているとの情報を
山サイ達人のZenさんから聞いていたから…

なので、本日の相棒(エレメント君)はK峰の手前でお留守番。
f0177521_9511490.jpg

どうか、いたずら されませんように。。。(^^ゞ



そして、この探索ルート。
地図には登山ルートとして記載されていないにも関わらず、しっかりとした踏み後が
残っているんです。
マニアなハイカー御用達みたいですね。
なので、迷う事なくNH峠に到着できました。

では、NH峠からの道のりを簡単ですがご説明致しましょう!
ここがNH峠。
f0177521_10902.jpg

右方向は、いつも愛用している集落へ下るトレイル。
K峰方向へは、ひたすら林道を歩いて行きます。

2ヶ所ある分岐は、すべて右折。
f0177521_10262160.jpg


NH峠から約1.5㎞先が林道の終点。
f0177521_10293745.jpg

この先はトレイルで尾根伝いにK峰まで続いてます。

時折、踏み後が薄くなる場所もありますが、尾根を外さなければ迷う事はありません。
笹の道なんてあったりして、MTBで走ると楽しそうですね。
f0177521_103536.jpg

なんて、のんきな事を言ってられるのは、OD山まで…

ちなみに、OD山では東方向へ伸びている尾根道に行かないように。。。
ひたすら南方向の尾根を目指して、急坂を下ります。
f0177521_10455161.jpg

画像だと分かり難いのですが、MTBでギリギリ乗車できるレベルのキツい坂なんです。

下りの先には登りが…
f0177521_1114489.jpg

似たような画像を三つ並べましたが…
これは、直登セクションを三連チャンってこと。(+_+)
立ち木が少ないので、なんとかMTBを担いで登れるかな。。。

K峰までもう少しって所で…
f0177521_1171521.jpg

いじわる な立ち木がある、直登セクションがお待ちかね。
ここは一人でMTBを担ぎ上げるには危険が伴います。
数人いればMTBを手渡ししながらクリアできるかな。^^;

K峰に到着すれば雄大な富士山の姿が見渡せます。
f0177521_11173986.jpg

そして、何故か立ち木に鏡が縛り付けてあるんですよね。
無事にたどり着いた方がいましたら、疲れきった自分の姿を映してみては如何でしょうか?(^O^)

でも、難関セクションはK峰で終了ではありません。(・o・)
その先は、数回の直下&直登を繰り返して…

本日のメインセクション。
f0177521_1132393.jpg

ロッククライミング。(;一_一)


さて、NH峠から西尾根までのルートは、こんな感じでしたが…
ちなみに、激坂や崖には鎖やロープなどの補助は一切ありません。
MTBを担いでのチャレンジですが、1人では危険すぎるので、絶対に行かないで下さい。
3人以上のグループで、MTBを引き上げるロープも持参した方が良いかも。
まぁ~、よっぽどの山サイ オタクでなければ、行かないと思いますけど…(^^ゞ

なので、結論はGG山の東西の尾根を走った方が楽しいってことですね。(^.^)
[PR]
by glory-dh | 2011-06-05 12:11 | MTBツーリング(山梨)

鷹のような眼力

行ってきました。
飛行機から見えたトレイル(尾根道)へ。。。
f0177521_11375955.jpg

経緯は、この日のランチタイムでの何気ない会話から。

滅茶苦茶ハードな結末を期待してた方もいましたが…
いゃ~ 残念!
めっちゃ、楽しい尾根道でした。(^^♪

そして、飛行機からこんな素晴らしい尾根道を探せるYさん。
『鷹のような眼力』を持っているのでしょうか。。。
自分も授かりたいのです。(^.^)


さて、この日に集まったのはYさん筆頭に合計6人の山サイ メンバー。
f0177521_11583031.jpg

最寄の駅に集合して、山サイのスタート。
湖畔沿いの道でのんびりとペダルを漕ぎながら、林道を目指します。

そして林道では、数回の休憩をとりながら 登山道入口までたっぷり一時間半かけて
登ったり…
ここから尾根道までは一時間かけてガッツリと押し担ぎ…
f0177521_1220292.jpg

体が鈍っていたんでしょうか、長時間の押し担ぎはキツいですね。
もっと鍛えなくては…^^;

ヒィ~ヒィ~ 言いながら、やっと尾根道に到着。
f0177521_1228407.jpg

右に行けば快適に下れる尾根道。

さぁ~!
快適に下れる尾根道のスタート。(^O^)
f0177521_13275247.jpg

なだらかで、とても走りやすい道です。
危険な崖っぷちのキャンバーも まったくありません。

でも、こんなガレガレのセクションはあったりして。
f0177521_13423981.jpg

走るラインを見定めてる自分。
ここって、けっこう斜度があるんですよね。

そして、超楽しいバンク セクション。
f0177521_13511343.jpg

右へ左へと切り返すS字バンクを気持ち良く走り抜けます。

そんな感じで、この尾根道の全長は…
なんと、約6.5㎞もあるんです。
更に、尾根道から下界までも 約1㎞のトレイルがあるんですよね。(^^♪
走り応えあるし、乗車率も ほぼ100%(個人差はありますが…)でした。

山サイ メンバーも大満足の尾根道。
Yさん、ありがとうございました。m(__)m

そして、『飛行機シリーズ』の第二弾もあるみたいです。
果たして、自分は行けるのでしょうか…
[PR]
by glory-dh | 2011-05-02 13:15 | MTBツーリング(山梨)

千載一遇ってあるんだ…

毎回の事ですが、山でのランチタイムって楽しみのひとつなんです。
大勢いればワイワイと賑やかに…
一人の時は、周りの木々を眺めながら季節を感じながら のんびりと…

そして、今回は ひとり山サイDayなので、ランチはまったりモード。
f0177521_8191160.jpg

下界はポカポカ陽気なんですが、さすが標高1300Mの山頂の木々は芽吹いてませんね。
なんて寂しく思いに耽っていた自分。
でも、それは ある方に出会うまでの事。。。(^^ゞ

ザックから出した荷物は散らかしっぱなしのアバウトな自分。。。
超油断しながらランチを楽しんでいたら、下から登って来たMTBer お二人を発見。
山サイで同人に会うなんて珍しいですね。

そうだっ!
まずは、社交辞令的な挨拶を交わさなければ…
こんにちは~。
どぉ~も~! おぉ~?(・o・)

なんと…
そのMTBerのお一人って、たまに遊んで貰ってるMさん じゃありませんか!

MTBerのメッカである青梅や奥多摩のトレイルで会うなら分かりますが、山梨の山並みで
会うとは…
しかも、Mさんは自分とは休日が異なる職種なので、今回の出会いは千載一遇
(オーバかな)かもね。

しかも、散らかした荷物を眺めたMさん。
タオルに包んで影に隠しておいた内緒のドリンクを見つけるなんて…
鋭すぎかも。。。(@_@。

そして、ランチ後は三人でワイワイと山サイを満喫。
鎖を放たれた子犬のように ダァ~ と下る自分が先頭だったので、気付かず分岐を
通り過ぎたりして…
すいませんでした。m(__)m

また機会がありましたら、ご一緒しましょう!(^^)/~~~


そして、翌日は『飛行機で見つけたトレイル』へ行ってきました。
こちらも早めにアップしなくては…
[PR]
by glory-dh | 2011-05-01 09:02 | MTBツーリング(山梨)

登坂で乗り比べ

最近、登坂レベルが高いHVクラブツーリングでは、エレメント君で参加してます。
FSR君に比べて多少軽いし、フロント&リアサスのロックアウト機能が装備してるので
楽チンなんですよね。

でも、エレメント君で登りきれない激坂もあるんです。
そこで、クラブ員Tさん所有のナイナー29インチ(フルリジット)で登り坂を試してみると…
f0177521_21403424.jpg

(モデルは自分じゃありませんが…)

スンズン登れちゃったりして、えっ?(・o・) って感じ。
29インチってモリモリとペダルを漕げるライダーに適したバイクだと思ってたので、
自分には不向きだと思ってましたが…
不思議にスイスイと楽に登れるんです。(^^♪

でも、下りでは振動がモロに体へ伝わってくるので、激坂のチャレンジは控える事を
お勧めしますが、登坂フェチには最高のバイクかも。

そして、山サイ オタクの自分には…
登りと下りを兼ね揃えたバイクでないと満足できないかもね。
なので、軽くて担ぎやすくてフルサスのバイクが最適かも。
って事は、今の所 エレメント君がベストなんですよね。(^^)v

ちなみに、エレメント君の兄弟分であるオールマウンテン系でクロモリ ハードテイルの
『BLIZZARD LT』も気になっていたりして…
f0177521_20584780.jpg

ハードテイルって持ってないので、一台くらい持ってても良いかも。
っと言っても、まだ買う予定ありませんけどね。 (一_一)
[PR]
by glory-dh | 2011-04-11 21:10 | MTBツーリング(山梨)

冬の風物詩

12月18日(金)AM10:00の標高1600M地点。
今シーズン初めての氷点下を体験しました。
車を降りた瞬間、キーンとした空気が全身を包み込みます。
気温は氷点下5℃。(・・;)

白い息を吐きながら準備をしてますが、皆さんチャッチャとバイクを組み立ててます。
f0177521_14505959.jpg

体がかじかんで震えている方は誰もいませんでした。
不思議ですねぇ~。
気分が高揚していたからなんでしょうか。。。

話は戻って、前日の木曜日。
『冬の風物詩が到来!』などと報道が伝えてましたよね。
そう!冬将軍のお出まし。
もう少し遅れて来てくれれば良いのに… (;一_一)

だって、その日は今年最後のDBSのUNN通りへの山サイ日。
MARSHのDH Jライダーと行く約束をしてたんです。
本来は、先々週に行く予定だったんですが、冬の嵐の影響で中止に。
そして、今回は冬将軍の影響で中止の危機に…
また延期かっ?

携帯メール会議の結果、冬将軍に真っ向勝負を仕掛ける事に決定。
寒さが厳しい様であれば引き返せば良いんだしね。(^^)



っと言うわけで行ってきました。
極寒のDBSへ…

お付き合い頂いたのは、A-Sugarさん、K口さん、キム兄の三名。
バリバリのダウンヒラーです。
彼らからすると、自分のスピードは『のろまなカメさん』なので、下りでは先に行って貰いました。 ^^;

まずは、デポ地からピークのIM峠まで一時間強かけて登ります。
林道ではモリモリとペダリング(A-SugarさんとK口さん、めちゃ早っ!(@_@。)して…
急坂ではバイクを担い(ここは、山サイ オタクの真骨頂! (^^)v)でガンガン登って…
ズンズンとバイクを押し上げ(フフフッ! 押し担ぎは負けまへんでぇ~ (^^))れば…
ご褒美の絶景が!
f0177521_155146100.jpg

はるか遠くには、雪を被って真っ白になった富士山。

でも、感動に浸ったのは数十秒でした。(^^ゞ
この方々のご褒美って…
f0177521_1610594.jpg

やっぱり、ダウンヒル!
IM峠からのゴールデンコースでは、キム兄 先頭で編隊を組んで走り去って行きました。
まるでジェットストリームアタック
自分はマイペースで下りを楽しんで、待っていた皆さんに合流。
たいへん、お待たせ致しました。
f0177521_16264010.jpg

ちなみに、トレイルにガンダムはいたのかなぁ~?(いる訳ないか… (^^ゞ)

ゴールデンコースを楽しんだ後は、アップダウンの尾根道。
気温が低くて土が凍っているんでしょうか、泥濘った場所が殆どないんですよね。
ありがたい事です。
でも、日向に差し掛かると、ヌルっときます。
MH峠 手前の下りでは四人とも同じ場所でフロントが滑って、危うく丸太に激突しそうに…
霜柱が溶けたのって見た目では分からないので、かなり厄介かも。(;一_一)

そして、MH峠からは林道を走って、NH峠からは最後のダウンヒル。
ここのトレイルって入り口が分かりづらいし、雑木林の中を走るので暗いんですよね。
でも…
こんな明るくなっちゃいました。
f0177521_17201350.jpg

大規模に伐採したみたい。
しかも、トレイルも整備されていたんですよね。
めちゃ走りやすいし、見通しも良いので最高です!(^^)

でも、それは上部だけ…
下部になると道が細くなるし、油断すると立ち木にハンドルがぶつかって。
f0177521_172727100.jpg

不覚でしたね。。。
どうやら この立ち木をすり抜けるのは、ギリギリアウトだったみたいです。

なんて事もありましたが、皆さん 怪我なく無事に下山できました。
そう言えば、気にしていた寒さは?
全然 大丈夫だったみたい。
真冬の格好で挑んだおかげかな。

皆さん、お疲れ様でした。m(__)m
[PR]
by glory-dh | 2010-12-18 17:44 | MTBツーリング(山梨)

秘密の仮設コース(10/3)

更に日曜日。
(って、アップが遅すぎ… ^^;)

トレイルでDHを楽しんでいたら…
楽しそうな仮設コースを発見!
f0177521_21282847.jpg

思わず丸太で組んだドロップオフでジャンプを楽しんでしまう自分。
その先にも意識的に作られたバームがあったりして、かなりご満悦でした。!(^^)!

丸太を上手く使った仮設コース。
林業関係のMTBikerが内緒で作ったんでしょうか?
何はともあれ、楽しませて頂きました。
コース作成の作業に携わった方々、ありがとうございました。m(__)m



さて、この日はハートビューの月例ツーリング指定日。
総勢14名のMTBikerが集結。
山梨のGG山でヒルクラ&DH(秘密の仮設コースも…)を満喫。

デポ地に車を置いたら各自のペースでヒルクラ。
f0177521_2034636.jpg

10月になってもモリモリとペダリングすれば大汗を掻いて暑いんですが、
日陰に入るとヒンヤリ。
もう、秋なんですよね。。。

っと季節を感じながら、数回 休憩しながら1時間20分かけて林道のピークに到着。
ここから尾根まで約1時間の押し担ぎ。
f0177521_2216640.jpg

どんだけ登るのぉ~ ^^;
でも、登った分 DHを楽しめるんですから頑張らないとね。

尾根に到着した頃には もうお昼。
標高1,000Mを越えるとジャケットを着ないと ちと寒いですね。
また、持ってきたバーナーも威力を発揮したりして。
オニギリを食べながら暖かいスープ春雨で体を暖めます。

さぁ~!
お腹も満たされたし、まずはGG山の山頂へ向います。
っと言っても山頂の景観は良くないらしいので、山頂寸前の激坂でUターン。
f0177521_2239226.jpg


そして、下界までのDHがスタート。
f0177521_22423513.jpg

壮快に走っていたんですが…
まるで○○○○だね!
っとお言葉が…^^;
ちなみに、○突○進って言葉がありますよね。。。

そして、秘密の仮設コースで楽しんだ後 15:00頃にデポ地へ到着。

今回のコース、下りの乗車率は100%だったかも。
倒木に遮られた場所がありましたけどね。
ハイカーと出会う事がながったんですが、下界にいた住民の方からの一言に絶句。
前日に熊が出たんですって!
皆でワイワイと騒ぎながら移動していたので、遭遇する事はありませんでしたが、
この時期は怖いですね。
[PR]
by glory-dh | 2010-10-07 23:49 | MTBツーリング(山梨)

Mavicサポートライダーは凄かった。

昨日と一昨日は去年に引続きMt.富士エリアでハートビューの皆さんとクロカン&ダウンヒルを満喫してきました。
去年の記録はこちらから…
なので、走ったコースは去年と一緒。
まず初日はトレイルを走って、翌日はヒルクラ&ダウンヒルのミッションです。

更に今回はスペシャルゲストとしてMavicサポートライダーの笹本選手をお招きしてのイベント。
f0177521_22444210.jpg

Mt.富士ヒルクライム MTBクラスで優勝したり、SDA王滝100kmで女子2位の成績を持ってます。
彼女の強さは長くてスリムな脚なんでしょうか。
高回転のペダリングでグングンとスピードを乗せていく走りみたいです。
短くて太い大根足でモリモリ踏んでいく自分とは『月とすっぽん』かも。(^^ゞ

そして、トレイルを満喫した後はキャンプ場に戻って、BBQで大盛り上がり。
f0177521_2313207.jpg

明るいうちからスタートして、終了時間は覚えてませんが…
多分、一般Peopleにはご迷惑はかけてないと思います。^^;

また、笹本選手にはトークも楽しまさせて頂きました。
走りも喋りもエリートクラスのライダーなんですね。
御見逸れしました。m(__)m


翌日は笹本選手と別れて、まずはMt.富士を眺めながらのヒルクラ。
そして、登ったら下らなければなりませんので、秘密の道でダウンヒルを楽しみます。
f0177521_23342526.jpg

一気に下ると もったいないので、休憩を取りながら走ります。
っと言っても1時間強で下ってしまいますが…
登りは2時間以上かけたんですけどね。^^;

そして、デポ地に戻ってきたのは14:30頃だったかな。
一部の方と温泉&食事を済ましたら、石川遼君が優勝した『フジサンケイクラシック』の
終了時間とバッティング。
渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、Mt.富士を半時計周りに走って帰ってきました。
[PR]
by glory-dh | 2010-09-07 00:07 | MTBツーリング(山梨)

お札に描かれた富士山は…

7月の三連休。
自分は会社の創立記念日も含めて四連休なんです。
その初日、金曜日は職場の親睦会が泊まり(石和温泉)であったんですよね。
皆さんはゴルフを満喫してたみたいですが、自分は山サイ。(^^♪

大月の北側にある、とある山に行ってきました。
この山の山頂から見える富士山って、昔のお札に描かれていたんです。

ちなみに、今回 初めてチャレンジする山なので、登頂時間や下りの乗車率が
分かりません。
登りのペース配分も難しいんですよね。^^;


さて、当日。
車をデポして9:00に登頂開始。
ますは林道を登り始めます。
サンサンと照らしつける夏の日差し。
くじけそうな弱い心に鞭を打ちつけながらペダルを漕ぎ続けます。

あまりにも熱いので、部落の日陰で一休み。
横には自動販売機があって、何気なく見ていると…
こんなドリンク↓があるのを発見。
f0177521_944439.jpg

スパークリングですか…
試しに買ってみました。(売っていたのは500mlのみでした。)
そして、ゴクゴク。
おやっ(・o・)
微炭酸の軽い刺激がのどごしを良くしていて、一気に飲めてしまうかも。
これは当たりですね。!(^^)!

そして、登頂開始から二時間半。
林道の終点であるO峠に到着。

更に、ここから登山道の押し担ぎで一時間。^^;
樹林地帯に入り水場を越えてしばらく登ると、担ぎ上げセクションが待ち構えてます。
平坦になったあたりで石垣↓が登場。
f0177521_10133348.jpg

人工的に作ったお城の石垣と比べると、岩を加工して積み重ねた様子はありません。
大岩が自然に割れただけのでしょうか?

更に奥へと移動すれば、樹林地帯から明るい草原に出ます。
この草原の一番高い場所が目指していた山頂になります。

さて、お目当ての富士山は見えるのでしょうか…
南西の方角を向いてみます。



見えた景色は…
真っ白な霧でした。(^^ゞ
山頂付近はスッポリ雲の中に入っていたみたい。
残念でした。

霧の中でランチを済まして、後は山を下るだけ。
果たして、気になる乗車率はどうなんでしょうか?

下り始めは樹林地帯の中↓を気持ち良く走れます。
f0177521_10532099.jpg

路面は柔らかい黒土なんですが、湿っていたのでスリッピーな感じ。
傾斜が急なポイントではブレーキ コントロールに細心の注意を払わないとズルズルと滑ります。

快適な下りも林道(その1)と交差するポイントまで。
その先は乗車率が低下します。
多分、50%くらいだったかも。
最後は急なつづら折れを担ぎ降ろして、林道(その2)に合流。

林道(その2)で少し下った地点にKZ峠へ登る登山口があります。
ここまでで下り行程の半分なんですが、時計の針は14:45を示してます。
この先、KZ峠からSMBへ移動して、快適(と思われる…)下りを満喫するつもり
だったんですが…
今日の蒸し暑さはゲリラ雷雨の危険も高いし…
好奇心旺盛で小心者の自分。
そんな自分の決断は…
撤収。(^.^)

そうと決めれば、ガンガン林道を下ります。
デポ地に到着した15:30頃に北側の山を見上げると、真っ黒な雲に包まれて
ピカピカと雷の閃光が…
判断が正しかった自分に自己満足しながら石和温泉へ向いました。

その後は…
温泉に入って、浴びるくらいお酒を飲んで…
大盛り上がり。
ちなみに、翌日はショップMの富士見パノラマDHイベント。
アルコールが抜ける事を祈りながら日が変わる頃に就寝しました。


今回はスタート時間が遅かったので、SMBを楽しめず ちょっと残念でした。
行程も長かったので、次回はプランを練り直す必要があるかもしれません。
O峠まで車で移動して登坂時間の短縮と体力温存も良いし、コース後半のKZ峠から
SMBのみ楽しむのも良いかもしれません。
いずれにしても、未開のコース(KZ峠からSMB)のリベンジはしなければ。。。(^^)
[PR]
by glory-dh | 2010-07-19 11:45 | MTBツーリング(山梨)

10’初夏菩薩 Vol.3 エスケープルート

天候不順のこの頃。
先週の土曜の夜もザンザンと雨が降ってました。
トレイルのコンディションが悪いし、バイクで路面を痛めてしまうのは良くないので、
日曜日はハイカーとして山へ。。。
たまには良いんじゃない。(^^)v

しかし、山は雨天だと思っていた昨日ですが、結果は大丈夫だったみたい。
バイクを持ってくれば良かったかも… (ToT)


さて、日曜日のミッションはエスケープルートの調査。
尾根沿いを長距離走る『UN通り』や『TD道』って、途中でアクシデントが発生した場合の
逃げ道を知らないんです。
丁度良い機会なので、探索してきました。

車のデポ地場は小菅村から伸びている林道の終点手前の駐車場。
ここを起点にしてエスケープルート3ヶ所を回ってきました。


《エスケープルート その1》
まずは『UN通り』に向ってトレイルを登っていきます。
しかし、このルートって地図に載ってないんですよね。

ネットで収集した情報を信じて、くまなく登山口を探しました。
偽の上り口に騙されたりして20分もロスした結果…
ありました!!(^^)!

一旦 沢へ下ってから登り始めるこのルート。
右側の沢沿いにはネットに覆われた わさび畑↓があります。
f0177521_21221979.jpg

しばらく登るとキツい斜面になって、道はつづら折れになります。
一気に標高を稼いで約30分で『UN通り』に到着。
このトレイルは、しっかり整備されているので迷う事はないと思います。
また、『UN通り』からの下りも楽しそう。(^^)v

でも『UN通り』からの入り口は分かり難いかも。
標識がこれ↓です。
f0177521_2211166.jpg

行き先はマジックで書いてありますが、方向の矢印は申し訳ない程度に付いているだけ。(・・;)
MTBで快調に走ってると見逃しますね。^^;


《エスケープルート その2》
次のルートは謎の山道。
(って自分が知らないだけなんですが…)
先ほどの分岐から『UN通り』を約30分登れば気になる標識↓があります。
f0177521_22443325.jpg

右方向へ行くと謎の山道です。(^^ゞ

この山道、実は東京都水道局の巡視路なんです。
って事は…
MTB Biker達が愛用してる送電線巡視路と同じレベルなんでしょうか?
かなり期待してたりして。。。(^^)

早速、歩き始めます。
道幅は広いし、土砂が崩れそうなポイントでは石垣で補強↓しているんです。
f0177521_2323239.jpg

このトレイルはガレてないし、アップダウンも少ないのでお勧め?
また、トラバース気味のポイントでは木道で橋渡ししてます。

がっ…
この木道って濡れているとめちゃ滑るんですよね。
こんな長い木道↓もあったりして…
f0177521_23452134.jpg

全面コケに覆われていると氷の上を歩いているみたいな感じ。
そんな木道は、5ヶ所くらいあったかな。
バイクを担ぎながら歩くのは危険かも。。。

極めつけはトラバース ルートではお馴染みの崩落現場↓が…
f0177521_703078.jpg

橋が落っこちてます。。。^^;
右側の土手を回り込みながらパスしましたが、砂利の斜面なので崩れやすいんです。
一歩一歩 足場を作りながら渡りましたが、バイクがなくて良かったかも。

その他、富士見パノラマのA'コースを思わせるストーンセクションがあったり、
倒れた巨木に道をふさがれていたりしながら歩くこと1時間でメインコースに合流。
こちら側にも山道の標識↓があります。
f0177521_72147100.jpg

これで謎が解けました。
スッキリ。(^^)

このルート、標高で300Mの高低差があるので、今回歩いた逆ルートだと下り基調になります。
厳しいアップダウンはありませんが、滑りやすい木道と崩落現場は厳しいかも。
結論は自転車向きじゃないですね。^^;
残念。。。

《エスケープルート その3》
最後のルートは『TD道』から小菅村へ下る道。
数ヶ所下るコースの中で、今回は一番手前にある分岐から小菅村へ向って下りました。

走り始めはなだらか↓な下り道。
f0177521_2174734.jpg

難しいセクションもないので、MTBでは快調に走れそう。(^^♪
なんて思いながら坦々と標高を下げて行きます。

崩落の影響で巻き道が作られていた所は登り返しになりますが、登った分は
下れるんですよね。

沢からの水音が聞こえてくれば林道までもう一息。
最後は『KD道』に合流して、更に下れば林道に出られます。
ここから車のデポ地まで徒歩10分の距離。

ポツポツと雨が降ってきたので、足早にデポ地へ向いましたが…
結果は↓。。。
f0177521_215139100.jpg

ギリギリ アウト。^^;


今回のエスケープルートの『その1』と『その3』は周回コースとして使えるかも。
夏菩薩の時期は虫の襲撃に悩まされるので、秋菩薩の時期にチャレンジしてみようかな。
[PR]
by glory-dh | 2010-07-06 22:12 | MTBツーリング(山梨)

藤野のトレイル(G峠) その2

11月のショップHVのツーリングは藤野のG峠です。
ここは『今年の4月』にも行った場所。

いつもの駐車場に車をデポして舗装路を一時間かけてG峠のピークまで
登り始め↓ます。
f0177521_1015071.jpg

山並みは徐々に紅葉モード。
道脇のイチョウの木↓も鮮やかに色付いてました。
f0177521_10152026.jpg

新緑の春に来た時と比べると、一変した風景を楽しむ事が出来ました。

ピークに到着して休憩する↓皆さん。
f0177521_10154239.jpg

滅多に車が来ないので、車道の真ん中に座っても大丈夫なんです。
先月の『ヤビツ』では蛭の餌食になった方がいたので、警戒して土の上に
座る人が少なかったのかも。(^・^)

全員がピークに到着したらST↓で登り始めます。
f0177521_1016839.jpg

その後はアップダウンの連続。
ここのコースは硬い路面でスリッピーなんですが、秋から冬にかけては
落ち葉で路面が見えません。
油断してるとすぐにタイヤがスリップしますので、注意が必要ですね。(・・;)

最後の休憩ポイント↓で一休み。
f0177521_10165044.jpg

送電線鉄塔の周辺って、草が刈ってあるし日当たりも良好。
風が当たらなければ、絶好のランチポイントになりますね。(^.^)

鉄塔から10分程度下れば林道に合流。
デポ地まで戻って今日のツーリングは終了です。

ちなみに、G峠からのSTはMTB仲間が熊を発見したとの証言があります。(・・;)
遭遇と言う訳ではなく、遠くに熊の姿を発見したので被害にまで至りませんでしたが、
単独行動では注意が必要ですね。^_^;
[PR]
by glory-dh | 2009-11-08 23:36 | MTBツーリング(山梨)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31