週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

伊豆のトレイル(上りG歩道)

昨日、ヴォクスィ~の納車でした。(^^)v

当然、長距離のドライブをしてみたい衝動に駆られ、MTBを積んで伊豆まで行ってきました。

目指すは08年6月にチャレンジした『伊豆の極上トレイル』です。

前回は河津から3時間かけて自走で登りましたが、今回は前回の告知通り『文明の利器』を
 
利用しました。

f0177521_11461884.jpg

車はA峠付近にデポ↑して、帰りは河津からバスで輪行します。

バスは1時間に1本程度運行してますので、トレイル終盤で休憩したり新道を探索しながら

時間調整できます。


今回は伊豆山稜線のA峠からH池までのルート(上りG歩道)をチョイスしました。

このルートは初挑戦です。

更に、H池から河津までのルートは前回と同様に『極上トレイル』を通ります。


早速、車をデポして林道を登って、『上りG歩道』 入口から峠頂上までバイクを押したり

担いだりしながら標高差100Mを稼ぎます。

H池までのルートは幾通りもありますが、序盤に標高を稼いで乗車率が高そうなのは『上り

G歩道』みたいです。

f0177521_11472136.jpg

峠に到着して、出発。走り始めはトラバースのコース↑で、滑落したら這い上がれない

場所もあります。

慎重に乗車するのは当然ですが、一人の時はプロテクターを持参しており、STの登りでも

装着する様にしてます。

滑落して足を骨折したら身動き取れずに、遭難なんて事になりますので…


順調に距離を稼いでいると、突然 崩落による通行止めの標識があり、新たに作られた

迂回ルート↓を通る羽目になりました。
f0177521_11483218.jpg

このルートは、担ぎを強いられる かなりキツいルートです。

この状況を簡単に説明すると、楽に歩ける巻き道が崩落してるので、ピーク越えを

したみたいな…

冬なのに大汗をかきながら登りました。

f0177521_1149272.jpg

こちらが崩落現場↑です。

落ち葉も積もらない程 急な斜度なので、バイクを担いで歩くのは危険極まりないですね。

実は、合計で2箇所の崩落があって、両方ともピーク越えを余儀なくされました。(ーー;)


色々とネガティブな記載をしましたが、そんな事はありません。

f0177521_11512111.jpg

基本的に左下がりのトラバースのルートですが、こんな↑走り易い道もあります。

担ぎはピーク越えの2箇所と、林道の合流地点から700M手前からのガレ場&階段だけです。

紅葉も終わってますので、見通しが良くなった山並みを眺めながらゆっくり登るのも良いかも

しれません。


車をデポした地点から『上りG歩道』を通って林道に合流するまで2時間半かかりました。

時間短縮させるには、K林道をチョイスすれば1時間で登れます。


H池から河津までのルートは前回と同じなので、省きます。(サボっている訳ではなく…(^^ゞ)


実は、もうひとつ気になっている事があり、今回は新規ルートの探索も目的にしてます。

前回はトレイル終了後、10㎞ものロードを下りましたがMTBライダーとしては、これが

勿体無いんです。

しかし、地図には距離2㎞もある美味しそうな登山コースらしき線があります。

っと言う訳で自力で探しました。

パラグライダーの方々にも聞きました。

ハンターの皆さんにも聞きました。

が、すべて不発に終わりました…(-_-;)

一箇所だけ気になる激坂があり途中まで下ってみました。
f0177521_11524047.jpg

道が写真↑上部のエリアまで続いていれば、林道らしき道と合流できそうですが、ハンターさん

曰く途中で行き止まりとの事。

距離にして約250Mです。

強行突破を考えましたが、今日は一人ぼっちなので撤退しました。

誰か勇敢な人と一緒の時にチャレンジしてみます。


トレイルも探索に時間を費やしたので河津駅には14:30に到着。

早速MTBをパッキングして15:00発の修善寺行きに乗車。

約45分かけて駐車場に到着です。(^.^)


今回の『上り御幸歩道』は上り基調なので、乗車率は50%程度でしょうか。

思ったより乗車率は高かったと思います。

実は『上りG歩道』があれば『下りG歩道』もあります。

その他、本谷林道を使えばバリエーション豊富なルート選択も可能です。


トレイル終了後の新規ルート探索は、リベンジに燃えてます。

次回こそ、激坂の先にある謎を解き明かさなけばいけません。(ーー゛)
[PR]
by glory-dh | 2008-12-13 22:45

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31