週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

丹沢主脈コース その2

2回目の丹沢主脈コースです。

前回(3週間前)、横浜のショップHVの方々のツーリングで下りが楽しかったし、

今回も楽しみです。

f0177521_18175930.jpg

今回はチョット多目の6名↑でスタート。

前回は曇り空でしたが、今日は快晴なので展望にも期待が持てます。

f0177521_18182997.jpg

快調に林道を登って標高を稼いで行くと丹沢の山並み↑が綺麗に見えました。

丹沢最高峰の蛭ヶ岳でしょうか?

よく分かりませんがまだまだ登って行き、担ぎポイントまで順調に来ました。

これから一時間半の担ぎがスタートします。^_^;

でも、一回来ていると何処まで頑張れば良いのかを覚えてますので、多少は気が楽ですね。

f0177521_1819295.jpg

尾根道の分岐に到着し、前回と同様に非難小屋↑で昼食です。

実は小屋の下はチョットした広場になっており、今日は穏やかな気候なので外で食事を

しました。

写真の左上が非難小屋です。

我々以外誰もいなかったので、一人/一台のテーブルを陣取っての食事も良いかも

しれませんが、会話するためには大声を出す必要がありますので、テーブルは

二台だけだけ使いました。(^^ゞ


お腹も満たされたので、楽しいDHコースへ向います。

ある程度下ると展望台があります。

前回は曇り空だったので写真は撮りませんでしたが、今日は快晴です。

f0177521_18201773.jpg

展望台からの景色はこんな感じ↑で大パノラマを満喫できます。

右から相模湾、横浜のランドマーク、新宿のビル郡 など関東平野を一望できるだけでなく、

その先には筑波山や雪をかぶった日光連山まで確認できました。

冬は空気が澄んでいるので、遠くまで見えますね。(^^)v


あとは前回と同様に石ダタミまでDHを楽しみました。


丹沢のSTを楽しむ時期は、11月から3月頃までなのでこれからがシーズンです。

春から秋までの季節はヒルやマムシが出没するのでお勧め出来ません。

そう言えば、林道から見えた(と思っている)蛭ヶ岳の由来って、ヒルから

きているのでしょうか。(?_?)

調べてみると、かつて蛭ヶ岳の山頂には薬師如来や毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)、八海山

大神など多くの仏像が祀られていて、これから別名の薬師岳や毘盧ヶ岳と呼ばれるようになり、

毘盧ヶ岳が転じて蛭ヶ岳になったらしい。

この他にも「この山に蛭(ヤマビル)が多いから」や「山の形が猟師のかぶる頭巾(ひる)に

似ているから」など多くの説があるそうです。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から)
[PR]
by glory-dh | 2008-11-30 21:16 | MTBツーリング(神奈川)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31