週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

待望の…

赤岳を後にして、雲の中を泳ぐように稜線を突き進みます。
目指すは横岳。
激坂を慎重に下って、まずは赤岳展望荘に到着。

山サイで山小屋は数回宿泊した事がありますが、ここの宿泊料金を見て…
f0177521_2047499.jpg

ご判断は皆様にお任せいたします。(;一_一)
まぁ~。
施設はしっかりしていましたけどね。
ちょっとした民宿みたいな感じ。

赤岳頂上小屋もそうですが、宿泊は遠慮ですね。
なんか、超人気がある山系の山小屋って、施設の装備が整い過ぎてつまらないんですよね。
夜には煌々と電気が灯っていたりして…
山小屋に泊まった気がしないかも。(ーー;)

なんて、稜線からの展望がないと、つまらない事を考えてしまう自分。
なんとか、気を紛らわせなければ。。。


ちなみに…
f0177521_21163082.jpg

この鳥は、イワヒバリなんですって。
さすが鳥博士のMさん。(^^)

そして…
f0177521_2191233.jpg

この花はトウヤクリンドウ!
って、鳥だけでなくて、高山植物にも詳しいMさんなのです。(^^)v

更に、休憩してたら…
f0177521_21251072.jpg

ロッククライマーのお兄さんが下から登場。

超油断してたので、お兄さんの登場で二人ともビックリ!
何やら、下からバディのお姉さん(だと思う…(^^ゞ)が上がって来るみたいで、
色んな掛け声をかけてました。
色々話しかけて邪魔をしては迷惑なので、サッサと退散。
なんか、『岳』のワンシーンを彷彿(ほうふつ)した二人なのでした。(^O^)

そして、ゴツゴツした岩山の稜線を歩きながら横岳を通過。
未だに雲の中をトコトコ歩く我々。
ハシゴを上って、クサリ場では足元に気を付けながらクリア。
このセクションは、けっこう細かいアップダウンがありますね。

おっ!
硫黄岳山荘が見えてきましたね。
f0177521_221514.jpg

風が強いし、お疲れモードなので、山荘でちょとだけ休憩に入ります。
f0177521_224255.jpg

美味しいコーヒーに、チーズとマンゴーのダブルケーキ。
なんか、お洒落な喫茶店に入った感じ。

ちょっとだけのつもりが、30分もまったりしてたんです。
そして、なんか外が明るくない?
なんて言いながら山荘を出ると…
f0177521_22191919.jpg

おぉ~!青空がっ!
邪魔っけな雲を思いっきり吹き飛ばしてくれた風神様に感謝ですね。(^^♪

そして…
f0177521_22323120.jpg

ここまで歩いてきた稜線がくっきり見えたんですよね。
右側の尖がった山が赤岳。
けっこう歩いて来たんですね。
最後の最後にご褒美を貰えて大満足。\(^o^)/

でも、ちょっと気になる事があって、赤岳へズームイン。
f0177521_22471258.jpg

右側の文三郎尾根から赤岳へ登ったんですよね。
更に、展望荘までの急坂を下ったりしてたりして…
雲のベールに包まれていたので、なんとなく歩いてましたが、晴れていたら
超傾斜の登山道にチキってたかもね。

そんな事を考えながら15:00頃、赤岩の頭から下山開始。
樹林帯をジグザグに下って赤岳鉱泉まで一時間半の道程。

その後、沢沿いの登山道を下り始めます。
ここからは、横岳を見上げる事が出来るんですが、生憎 上部はガスっていて、残念ながら
雄大な岩壁を眺められず。
えっ! もう雲がかかったの?

って事はスカッと晴れた時間って、2時間くらいだったんですね。
こりゃ~本当に山の神様に感謝です。(^^♪

その後、1時間半かけて登山道と林道を歩いて、18:00頃に赤岳山荘に到着。
って事は、12時間以上も山の中を歩き回っていたんですね。

慣れない登山だったので、ちょっと疲れましたが、我ながらよく頑張ったものです。
そして、今後のステップアップには丁度良い行程だったかも。

って、本格的に登山を始めるの?
まだ分かりませんけど…
魅力はありますよね。(^^)
[PR]
by glory-dh | 2011-08-24 21:47 | 山登り

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30