週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

四方八方でゴロゴロ

待望の梅雨明けで夏本番。
今週の休日に山へ行く予定だった方々は大絶賛だったでしょうね。
自分もその中の一人でした。(^^ゞ

そして、真夏の山サイと言えば暑さとの戦いがクローズアップされますが、刻一刻と変化する
気象状況も侮れませんよね。

そして、昨日の事。
猛暑でダメージを受けながら目的地まで登頂した我々。
(めちゃキツかった… (+_+))
奥多摩山域のTKNS山避難小屋でまったりとランチタイム。
下山ルートはMTIS山からHNNK尾根を下るコースで約2時間の行程。
過去の記録はここ。
今回、自分はこのマイナーなコースの案内人なんです。(^^)v

ですが…

食後の楽しいトーク中に奥多摩最高峰のKMTR山方面からゴロゴロっと…
かすかな音でしたが、自分を含めたメンバーは見逃しませんでした。(;一_一)
f0177521_20502036.jpg

反対側はこんなに青空なんですけどね。^^;

ちなみに、高山で聞こえた雷鳴って、自分の経験だと30分~60分後に雷雨になるんです。
雨だけならカッパを着て我慢すれば良いんですけど、雷に打たれたら洒落になりません。。。
なので、山サイ達人のZenさん、Kさん、自分はチャッチャと準備を整えて出発します。

そして、雷雲との鬼ごっこがスタート。

しかし、逃げても逃げても雷鳴が近づくばかり。(・・;)
このまま距離が長いメインの尾根を下れば必ず追い付かれると判断した我々は、
湖へ直下するKYNK尾根をチョイス。
(このコースって、伝説の『MTBツーリングブック』に載っているみたい。)

実はこの時、斜め後ろ、真右、真上から順番に雷鳴が響いていたんですよね。
休憩する時間も命取りになりますので、サッサと下ります。
お喋りも控えめに…
f0177521_22173361.jpg

ちょっとZenさん!
Kさんの写真を撮ってる場合じゃありませんよぉ~!
早く行きますよっ!^^;

分岐では道を間違わないよう、必ず地図で確認します。
雷雲エリアから離れたと思いきや、噂をすれば真上でゴロゴロっと存在をあらわにする
雷様。
油断できませんね。(^^ゞ

そして、KRT山にたどり着いた頃には、チラホラと青空が見えて一安心。
f0177521_223661.jpg

ここから湖まで1.5㎞のダウンヒルをしみじみと楽しんで、本日の山サイは終了。

ほっと一息のお二人。
f0177521_2242792.jpg

雨に降られずに、本当に良かったです。


そして、今回下ったKYNK尾根。
雷にビクビクしながら下ったのであまり印象に残ってないんですが、意外に楽しいかも。
多少の登り返しが気になりますが、頑張れば登れるレベルかな。
次回は穏やかな天候の時に走ってみたいですね。

それと、HNNK尾根のリベンジも… (^^)
[PR]
by glory-dh | 2011-07-11 23:17 | MTBツーリング(西東京)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31