週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

トレランに大人気の尾根道

昨日は奥多摩南部にある尾根道を走ってきました。

ここは2週間前に大規模なトレランの山岳レースが開催されたコースの一部。
f0177521_8114751.jpg

約1,000名の山岳ランナーがここを快走してたんですよね。

確かに、道幅も広いし路面もガレてないので走りやすいかも。
根っ子が張り巡らされてたり、浮石がコロコロと転がっていたら危ないですから。。。
やっぱり、山岳ランナーが好むコースは、我々山サイBikerと同じかも。

但し、この尾根道は起伏が激しいのが玉に瑕。^^;
モリモリ登れる坂もあるんですが、半分以上は押し上げていたかも。。。
でも、紅葉を待ちわびている木々を眺めながらバイクを押すのも悪くないかな。
走るだけじゃなくて、季節を感じながら山を楽しむ事ができる様になってきた自分なのです。(^^)


山サイのスタート地点は、滝の駐車場。
ターゲットの尾根道へ行く前にウォーミングアップがてらにSG嶺を越えました。
北側から林道で標高を稼いで、『嶺』からは南方へ下るSTでダウンヒルを満喫。
f0177521_8305154.jpg

画像だと快適に下れる道に見えますが、ここは程度が良いポイント。
実際は、覆い茂っている草が路面にかぶさっていたんですよね。
なので、草に隠れたトラップ(石ころや根っ子)にビクビクしてたりして… ^^;

下ってきたら、また登らなければいけませんよね。
ウォーミングアップにしてはボリュームがあったと反省しながら気持ちを切り替えて、
尾根道まで黙々と登山道を登り続けます。

そして1時間後にSG峠に到着して、巨木に見守られながらのランチ。
f0177521_933968.jpg

森の中にある、とても静かな休憩場所です。
展望があるポイントでのランチも良いのですが、ハイカーさんに人気があるので、
遠慮しちゃうんですよね。
一人ぼっちの時は静かな場所を好む自分なのです。(^.^)

ランチ後、コナラなどの広葉樹を眺めながら のんびり走ったり押したりしながら
目的の分岐ポイントに到着。
ここから尾根道で北上します。
尾根道って言っても下り基調なんですよね。

この尾根はハイカーさんに人気がないのでしょうか…
入り口の道幅は狭いので、ちょっと不安。
(大丈夫かぁ~この道)
更に、笹薮が行く手を阻むポイントがあったりして…
f0177521_9353782.jpg

森のクマさんに出会ったらどうしよう…
などとドキドキしながら、思いっきり熊鈴を鳴らせてガサガサと強行突破。

しばらく移動すると明確な道になって一安心。(^^)
杉並木の下には背丈が低い笹が一面に生えてます。
そして、真ん中に一筋のシングルトラック。
f0177521_9522979.jpg

みんなが大好きな笹コースがここにもありました。(^^♪

山サイも終盤に差し掛かると疲労が蓄積してくるんですよね。
(もう、お腹いっぱい。。。 (・・;))
最後は一気に標高が下がります。
とは言っても、担ぎ下ろしなんてありません。
タイトで楽しい つづら折れがBikerに走る意欲を湧かせてくれます。

これって、例えれば…
お腹いっぱいになった食後に出されたスィーツみたいな感じ。
当然、美味しく食べちゃいますよね。

そして、体は無事に下界に到着。
じゃぁ~FSR君は…(?_?)
プチ転倒した時に、リアディレーラーのケーブルが破損。。。(>_<)
ワイヤーは切れなかったんですが、鋭利な岩で被覆を剥離させてしまったみたい。
ディレーラーは無事だったので一安心でした。


今回のコース。
出発は6:30で、帰着は14:00で7時間半かかりました。
初めて走ったコースなので道を間違えたり、不安でちょっと戻ったりした
ロスタイムが1時間くらいあったのも影響してますが。。。
数人で同じコースを辿ると、時間的にちょっと厳しいかもしれませんね。
健脚Bikerの集団だったら大丈夫だと思いますが… (^.^)
[PR]
by glory-dh | 2010-10-24 10:47 | MTBツーリング(西東京)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31