週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

雑誌編集部との出会い。in 奥多摩

山頂でランチを終えた山サイご一行は和気藹々とトレイルを下り始めます。
一気に下ると勿体無いので、途中で休憩しながらのダウンヒル。
何やら若い女性達↓が下から登ってきて、軽くご挨拶。
f0177521_22275241.jpg

最近の山登りはシニア層だけでなく、若い女性にも注目されているみたいです。
カラフルなウェアを身に纏って、お洒落な方々

何時もは挨拶で終わるんですが…
今日のご一行はチョット違います。(^^♪
紅一点の山サイ女子に彼女達の視線が。。。
更に女性同士で意気投合…(^O^)

おじさんたちは少し離れた場所で話を聞いていると、彼女達は『ランドネ』と言う
女の子向けのアウトドア雑誌の編集部の方々みたい。

会話が一段落した所で、記念にパシャリ(^^)v と撮影して頂きました。
雑誌に載るかなぁ~ (^.^)
僅かな可能性に期待している自分です。。。(^^ゞ


今回は奥多摩湖北東に位置する尾根でネット仲間と山サイ。
参加者は8名で、久しぶりの大人数です。
奥多摩駅に集合して、まずは林道で標高 約800Mの登坂。
途中で鉄橋の下↓を潜ります。
f0177521_22325495.jpg

これは、石灰石を運搬するために作られた、トロッコ専用の曳索鉄道線。
今も使われているのでしょうか?
鉄橋の上にはトロッコが放置?されてました。

紅葉は終盤だと思ってましたが、下の方は まだ残って↓いる様です。
f0177521_22333764.jpg

所々で色付いた紅葉を楽しみながら、のんびりペダルを漕ぎます。


約2時間かけて林道のピークに到着。
ここから更にSTを登って行きます。

                    担いだり… ↓
f0177521_22343497.jpg


                    乗ったり… ↓
f0177521_22352137.jpg


目指すはK山の山頂。
しかし、山頂の間際でチェン切れのプチトラブルが発生!
でも、部品や工具を持っているので大丈夫。(^O^)
手際良く修理完了。
でも、こんなに集まらなくても↓良いのでは…
f0177521_2244018.jpg

トラブルに興味津々のおじさん達です。(^^ゞ

ランチと修理を終えたらお楽しみのダウンヒル。
距離は約7㎞もあります。(^^♪
等高線を見ると滑らかに下る尾根道ですが、途中に登り返しも
あったりします。

ここは防火帯でしょうか?
気持ち良く走れる↓トレイルです。
f0177521_2244318.jpg

ハイカーが少ないので安心して走るれました。


ご一行は一気に下らず、広い場所↓があったら必ず休憩。
f0177521_22445915.jpg

余韻に浸っているのか、疲れているのか分かりませんが、
無言で休憩する一時もあったりします。(^.^)


乗車率は高い尾根道ですが、押しながら下る↓場面もあります。
f0177521_22462557.jpg

斜度がある下り坂に落ち葉が積もっていると滑るんです。
路面とタイヤの間に枯葉が挟まって、まったくグリップしません。(-_-;)
当然、歩いても滑りますけどね…

尾根道の終盤はストーンセクション。
乗ったり押したりしながら、階段を下りたら↓終了。
f0177521_22453292.jpg

100M 程走ればJRの駅に到着。
今回は車組みと電車組みがいるので、電車組みはここから輪行ですが、
車組みは奥多摩駅に車をデポしたので、約6㎞の自走を強いられます。
デポ地に戻るためにロードを走るなんで、モチベーションが上りません。(;一_一)
なので、MTBは駅に置いて奥多摩駅まで電車で戻ります。(^^)v

電車組みとは、ここでお別れ↓です。
f0177521_22465754.jpg

皆さん、お疲れ様でした。(^^)/~~~
多分、電車の中で反省会でしょう。。。
車組みの自分はノンアルコールで帰宅。


今回のコースは林道で標高を稼げるのが魅力です。
トレイルでピークまで登るルートの押し担ぎは思ったより少ないし、ピークからの
1,000M下るダウンヒルは魅力です。
爽快に走れるSTエリアはヒャッホーの連続だし、根っ子&ストーンセクションも
慎重に下れば自己満足に浸れます。
ここはMyトレイルのリストに追加ですね。

今回、ご案内して頂いたI瀬さん、誠にありがとうございました。
思い出の1ページで、『ランドネ』編集者に撮影して頂いた写真が雑誌に掲載される事を
祈ってます。(^O^)
[PR]
by glory-dh | 2009-11-29 23:06 | MTBツーリング(西東京)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30