週末はMOUNTAIN

glorydh.exblog.jp ブログトップ

奥多摩のT巣山

残雪残る3月に初めて行ったT巣山へ、ネット仲間と行ってきた。

梅雨の時期 真っ只中ですが、前日の降水率は30%だったので迷わず決行にしました。

しかし、当日になると降水率が50%にまで上がり、更にはもっと悪化するのではないかとの危惧が

ありましたが、全員集合したら中止にする訳にはいきません。(^.^)

雨も降りそうもないので…


今回は参加メンバーが少ない上に車組みが3人いたので、奥多摩駅付近に車2台をデポして、

峰谷橋まで4人/4台をヴォクスィ~君で移動する事により、約30分程度ですが時間短縮が実現。

もっと上まで楽をする方法もありますが、皆さんは山サイのスペシャリスト。

登坂ルートを車で楽しようなどと言い出す方はいません。(^O^)

峰谷橋までの移動はあくまでも奥多摩周遊道の交通量の多さや、狭いトンネルから身を守る

ための手段だったようです。(^.^)

今日はK竹さんが持ってきたNewマシン(GIANT ADVANCED)↓のデビュー!
f0177521_850852.jpg

峰谷橋で準備をしている最中にも皆さん↓でカーボンリジッドバイクの軽さ(10.2kg)を実感。
f0177521_850424.jpg

山サイは押し担ぎが不可欠なので、自分も軽いバイクの入手に強い願望を抱いてますが、

当分は愛着があるFSR君と共に頑張ってみようと思います。(^^)v

リアサスも新調した事だしね。(^^♪


準備が整ったのでT巣山へ向って出発。

約1時間は登坂の舗装路↓でペダルを漕いで標高を稼ぎます。
f0177521_8511858.jpg

今日の天候は曇りで湿度が高いので、滝のような汗が噴出してきます。(・・;)

大汗を掻きながら登山口に到着。

タイヤのエアー圧を下げて↓2時間半のST押し担ぎになります。
f0177521_8514177.jpg

前回は一人でガツガツ登って行ったので、2時間で非難小屋までたどり着きましたが、

今日は喋り相手がいるので小刻みに休憩を取りながら和気藹々と登って行きます。

13:00頃に非難小屋に到着して、チョット遅めのランチです。

これは↓K宮さんが学生時代から愛用しているお鍋。
f0177521_8521855.jpg

30年前から使っているお鍋は年期がはいっていて、色々な思い出が詰っているのかも。

我々の年代は『もったいない世代?』だからなんでしょうか?


お腹を満たした後はT巣山のピークまで30分かけて登ります。

曇っていたので展望は期待していなかったのですが、雲の位置は空高かったので、遠くには

三頭山や御前山まで見渡せました。(^^)v

天気は大丈夫そうだね! などと話しながらDHコースを下り↓始めます。
f0177521_8525723.jpg

走り始めは手ごろな下りなので皆さんご機嫌です。

多少の登り返しがありますが、山サイ スペシャリストの皆さんは気にしません。

登りがあれば快適な下り↓が待っているのを知っているからです。
f0177521_8534223.jpg


なんて和気藹々と下っていると空から水滴が落ちてきました。

セミのオシッコみたいな感覚でしたが、どうやら雨の様です。

ある程度はごまかしながら走ってましたが、流石にカッパ↓を着込みます。
f0177521_8541712.jpg

とは言っても植林が天然の傘になってくれているので、殆ど濡れずにSTを楽しむ事が

できました。

但し、林道に出てから奥多摩駅までの道のりではしっかり濡れてしまいましたけど。。。(^^ゞ

雨中を1時間走って奥多摩駅に到着。

最後に記念写真↓を撮影して電車組みのK宮さんとお別れでです。
f0177521_8544789.jpg

今回のT巣山では去年の夏に苦労した虫との戦いを思い出します。

STの登りでは気にならなかったのですが、非難小屋でのランチ時や山頂では既に大量発生

していてかなり鬱陶しい状態でした。

秋までは虫除けスプレーを持参して自己防衛しないとたいへんな事になりそうです。

また、運悪く雨に降られましたが路面はウエット(途中には年中マットコンディションの場所が

ありましたが…)まで悪化せず、楽しく下って来る事ができて皆さん満足したようです。

但し、駅に着くとしっかりと降っていて、車にバイクを積むのにチョット苦労しました。


次回は丹沢の鍋割山とか、福島県の会津駒ヶ岳へ行く話しも飛び交っているので、都合が合えば

(天候が良ければ)行ってきます。(^_^)v
[PR]
by glory-dh | 2009-06-28 23:47 | MTBツーリング(西東京)

ARAです。 山が大好きでなので、MTBツーリングや登山での体験談を書いてみました。


by glory-dh
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30